買取用語集

バイクのネット査定の相場は目安になる?ルアープライスとは?

ルアープライスとは?ネット査定の実態

問い合わせをしてきたお客様を釣り上げる為の値段提示をする事です。

こたろー
こたろー
バイク業界での業界用語となります。

lure(誘惑する、疑似餌)Price(値段、価格)です。

 

実際の査定ではその値段は到底付かないのですが、

問い合わせの段階で高い金額をわざと提示して、

査定を申し込みをさせる、買取専門業者やバイク屋の手法です。

 

ルアープライスは、

バイク業界での業界用語なので、

初めて聞く方も多いと思います。

 

でもこのルアープライスという用語や、

買取業者の商売のやり方を知っておかないと、

査定で痛い目を見やすいです。

ダメろー
ダメろー
なんだか怖い。
こたろー
こたろー
そういうものだと認識しておくだけで大丈夫だよ。

ルアープライスはどのような時に提示される?

電話で問い合わせをした時や、

ネットで申し込みをした時

オンライン査定を行った場合に使われます。

こたろー
こたろー
もちろん「これはルアープライスです。」と言ってくれる訳ではないです。
こたろー
こたろー
提示される金額が、買取最高金額が〇〇円みたいな表現が多いですね。

なぜルアープライスなるものが存在するの?

買取業者からすると1台のバイクを買取ろうと思うと、

どんな形であれ査定をしないと買取が出来ません。

 

査定までたどり着けずに電話を切られてしまえば

それだけバイクを買取るチャンスを失う事になります。

こたろー
こたろー
買取業者からすれば、まずは査定までこぎつけることが第一関門です。特にアポインターの方は取りこぼしのないような対応を心がけています。

だから、実際には付かないであろう金額をちらつかせて

査定を申し込んでもらおうとします。

 

バイクを売ろうとしている方は

バイクを高く売りたいと思っています。

 

そうすると、元々買ったバイク屋に相談したり、

バイクに詳しい友人に話してみたり、

ネットで情報調べたりすると思います。

 

そこで買取業者やバイク屋に問い合わせを入れると、

予想以上の金額(ルアープライス)を伝えられます。

 

予想以上の金額(ルアープライス)の金額を伝えられると、

人間は期待してしまうんですよね。

 

あとは査定に申し込んでくれさえすれば

買取業者からすればチャンスありますからね。

 

あとは、実際に査定して、

あの手この手でお客様を説得して

なんとか車両を持って帰ろうとします。

こたろー
こたろー
やっぱり人間は自分の都合の良いように考えて期待してしまうんですよね。良い金額を言われたら、査定に申し込んでしまいます。
ダメろー
ダメろー
そうだねぇ。高い金額提示されたら、そこに査定を申し込もうかなと思ってしまう。
こたろー
こたろー
そこがルアープライスの狙いなんだよね!

 

例えば、実際の相場が40万ぐらいにも関わらず、

「買取相場は70万です」なんて提示されると、

「えっ、そんなに値段付くんだぁ。」

「まぁちょっと距離走ってるから実際の査定額は下がると思うけど、それでも60万ぐらいは狙えるのではないのかな」

と考えてしまい、査定に申し込んでしまうんですね。

こたろー
こたろー
当然、実際の相場は40万ぐらいなので、査定士が査定に来た瞬間から現実を知ることになります・・。

ルアープライス通りの値段が付く事はあるの?

基本的にはまずその査定金額にはならないです。

新車のような程度でつくかどうかです。

こたろー
こたろー
新車のような程度とは、例えば走行距離100km以下で、転倒歴はもちろん傷一つ無い極乗車とかです。現実的な程度ではないですね。
こたろー
こたろー
これは、バイク屋にたまに並んでいる、登録済み新車みたいな程度です。もはや売るためにバイクを買ったような感じのバイクです。
ダメろー
ダメろー
バイク買ったら普通は乗るもんな。
りさ
りさ
ダメろーの場合はタチゴケもしてるしね。
ダメろー
ダメろー
うん、まぁ。

ルアープライスに騙されない為の3つの心構え

ルアープライスに騙されない為の3つの心構え

①問い合わせやネット査定の金額は非常に高い
②査定での最初の提示額は安い2つの理由。安い金額で自信を無くすのは査定士の思うつぼ
③ネット査定の金額(ルアープライス)だけで判断せずに、実際に査定して金額を比較するべき

①問い合わせやネット査定の金額は非常に高い

こたろー
こたろー
まずは、実際の査定前に伝えられる金額は全てルアープライスである事を認識しておきましょう。

実際の査定では、

最終的にいくらになるのかが重要です。

 

逆に査定を申し込んだ段階で教えられる金額(ルアープライス)は

さほど重要ではないです。

こたろー
こたろー
あくまで査定に申し込ませる為の金額ですからね。基本はめちゃ高い!

②査定での最初の提示額は安い2つの理由。安い金額で自信を無くすのは査定士の思うつぼ

実際に査定が始まって最初に提示される金額

ルアープライスの半分以下になることもザラです。

こたろー
こたろー
なぜ実際の査定時の最初の金額提示は安いのかを以下にまとめました。理由は2つあります。

実際の査定時の最初の金額提示は安い2つの理由

⒈事前の提示額(ルアープライス)で高い金額を聞いた後に、実際の査定額を聞くので、落差が激しい分安く感じる。
あえて安い金額を提示することでバイクの売り主の反応を見ている。

⒈事前の提示額(ルアープライス)で高い金額を聞いた後に、実際の査定額を聞くので、落差が激しい分安く感じる

査定に申し込む段階で

通常では出ないような金額(ルアープライス)を聞いた状態で

査定がはじまります。

 

高い金額を聞いた後現実的な金額を聞くので、

体感的に安く感じる事が多いです。

こたろー
こたろー
落差の大きい比較になりますからね。

⒉あえて安い金額を提示することでバイクの売り主の反応を見ている

こたろー
こたろー
あえて安い金額を提示して、バイクの売り主の反応を見ているんですね。
ダメろー
ダメろー
!?

査定士はバイクを買取るのが仕事ですが、

ただ買取るだけで無く、

「バイクを安く買取るのが仕事です。」

 

ですので、一番最初の金額提示の際はあえて安い金額を提示して、

バイクの売り主の反応を見たりします。

こたろー
こたろー
ここで重要な事は、ショックを受けて弱気にならないことですね。

最初に提示される金額が安かった時に、

自信が無くなってしまう様子を査定士に見せてしまうと、

足元を見られやすくなります。

ダメろー
ダメろー
査定額が安かったらガッカリしちゃうよ。
こたろー
こたろー
ここで自信を無くしている様子だと、査定士から見ると「この人からは安く買い取れそうだな」と判断されてしまうよ。

ですので、低い金額を提示されても動じないことが大事です。

「その金額なら売れません」とはっきりと伝える事が重要です。

こたろー
こたろー
ここは毅然とした態度で対応しましょう。

「その金額なら売れません」とはっきり伝える事が大事です!

こたろー
こたろー
最初の提示額が安い時の対処法は以下にもまとめています。
最初の提示額は安い
最初の査定金額は酷い?そこからバイクの買取金額を上げる方法 例えばで出してみましたが、 バイクの買取業者の査定ではこのようなことがよく行われています。 ってやつですね。...

③ネット査定の金額(ルアープライス)だけで判断せずに、実際に査定して金額を比較するべき

一言でルアープライスと言っても、

各買取業者やバイク屋によって提示してくる金額に差があります。

こたろー
こたろー
先ほどの事前に伝えられる金額(ルアープライス)が70万だったバイクの話を例にします。

電話やメールオンライン査定を申し込むと各社違う金額を提示します。

これから申し込もうかなといった段階です。

買取業者A
買取業者A
買取最高金額70万。
買取業者B
買取業者B
買取最高金額62万
買取業者C
買取業者C
買取最高金額66万

これだけ見ると、A社の70万が魅力的に見えます。

ただ、最終的にA社の査定額が高いかというと、

全く関係ありません。

 

実際に査定してみないと、

いくらになるなんて分からないです。

 

今回の例だと買取専門業者Bの事前の提示額が安いですが、

実際に査定したら、

買取業者Bが一番高かったというようなことはよくあります。

こたろー
こたろー
ですので、オンライン査定やメールで問い合わせたときの金額だけで優劣を判断する事は止めておきましょう。
こたろー
こたろー
最終的には、実際に査定してみるまではいくらになるかなんて分かりません。
こたろー
こたろー
もちろん、高いと知りつつ参考にする分には良いよ。以下にネット査定が簡単に出来るサイトをまとめておくね。

査定前に知っておきたい!バイクの買取の相場観

ルアープライスについてのまとめ

こたろー
こたろー
今回のルアープライスについては3つのポイントに集約されます。

ルアープライスに騙されない為の3つの心構え

①問い合わせの段階での金額はルアープライスなので非常に高い
②査定での最初の提示額は安い2つの理由。安い金額で自信を無くすのは査定士の思うつぼ
③問い合わせの段階の金額(ルアープライス)だけで判断せずに、実際に査定して金額を比較するべき

①問い合わせの段階での金額は非常に高い

買取業者は、

バイクの買取を問い合わせてきた方に、

実際の相場以上の金額(ルアープライス)を提示することで

お客様に査定を申し込ませようとします。

②査定での最初の提示額は安い2つの理由。安い金額で自信を無くすのは査定士の思うつぼ

実際の査定時の最初の金額提示は安い2つの理由

⒈事前の提示額(ルアープライス)で高い金額を聞いた後に、実際の査定額を聞くので、落差が激しい分安く感じる。
あえて安い金額を提示することでバイクの売り主の反応を見ている。

いざ査定に来て、

最初に提示される金額は安い事が多いです。

こたろー
こたろー
事前に伝えられた金額(ルアープライス)の半分以下というのはザラです。

この安い査定額に動じないことが重要です。

 

この、安い査定額を提示した瞬間の表情を査定士はよく見ています。

ここで弱気になってしまうと、

査定士に足元を見られやすいです。

③問い合わせの段階の金額(ルアープライス)だけで判断せずに、実際に査定して金額を比較するべき

重要なのは事前に伝えられる金額(ルアープライス)がいくらかということではなく、

実際に査定して最終的に査定額がいくらになるかです。

 

コレばっかりは、実際に査定をしないと分かりません。

査定前に教えられる金額(ルアープライス)で優劣を決めずに、

実際に査定してもらった金額で比較する事が重要です!

 

もちろん、ネット査定で伝えられた高い金額(ルアープライス)を

参考にするのは良いですが、

鵜呑みにはしないようにしましょう。

 

この最終的な査定額も、

他の業者との競合する事で高い査定額を引き出す事が出来ます。

 

ルアープライスに惑わされず、2~3社の競合を必ず行うようにしましょう。

こたろー
こたろー
オススメの業者の選び方は以下にまとめておきます。
ここで大きく差が付く?バイクを売るにあたっての賢い業者選びバイクを高く売るためには 「どこの業者を査定に呼ぶべきか?」 というのも重要な要素の1つです。 今回は査定に呼ぶべき業...
正しいバイクの売り方を知らないと人生損をします!

・・・と言ったら
「何を大袈裟な・・」
と思う方もいるかもしれません。

けど、これは紛れもない事実です。

僕は正しい売り方を知らず、
学生時代に3台売却して
15万円以上損してきました。

15万あればマフラーを買うことも出来たでしょう。

本当に大きな後悔です。
正しい売り方を知らなかった代償です。

その後バイク屋に就職して、
査定士として査定に携わることで
正しいバイクの売り方を覚えました。

バイクを高く売れれば、
欲しいパーツを買えます。

マフラーを変えたり、
ヘルメットを新調したり出来ます。

バイクを高く売るためには
正しい売り方を知ることが不可欠です。

逆に正しい売り方を知らないと
昔のこたろーのように大きく損します。

学生時代に3台買い叩かれて
15万以上損しながらも
査定士としての経験を経て
今では査定交渉の秘訣をお伝え
出来るようにまでなった過程は以下からどうぞ。

こたろーが学生時代に
3台バイクを買い叩かれて

15万以上損した残念な話