買取用語集

バイクの社外部品(カスタムパーツ)とは?

ダメろー
ダメろー
社外部品と純正部品って違うの?
こたろー
こたろー
もちろん違うよ!今回はその違いについて説明していくね!

バイクの社外部品(カスタムパーツ)とは?

バイクメーカーが製造、販売していない部品の事です。

バイクメーカーとは異なる会社が製造しているパーツです。

カスタムパーツとも呼ばれます。

 

こたろー
こたろー
逆にバイクメーカーが作成したパーツは純正部品になります。以下にまとめてあります。
バイクの純正部品(ノーマルパーツ)とは? バイクの純正部品(ノーマルパーツ)とは? 各バイクメーカーが製造しているバイクの部品です。 バイクは部品の塊なので、 ...

バイクの社外部品(カスタムパーツ)の注文

どこのバイク屋でも注文出来ますが、

小規模な個人店だと取引してない社外メーカーも出てくるので

ある程度規模のあるバイク屋の方が取引先は多いです。

 

今はアマゾンや楽天を始めとした通販で購入する事が出来るので、

個人で社外部品を買いたい場合は通販を利用している方が多いです。

 

社外部品も純正部品同様、

各パーツに品番がありますので、

社外部品を注文する際は間違えないようにしましょう。

間違えてしまうと返品できないことも多いです。

こたろー
こたろー
開封してしまうと返品出来ないケース多いですね。
ダメろー
ダメろー
そうなんだね。

バイクの社外部品と純正部品の違い

バイクメーカーが製造(下請けや取引先の場合もある)しているか、

直接関係ない別のメーカーが製造しているかの違いです。

 

部品の造りや取り付け時の精度や品質は純正部品の方がきっちり付きます。

社外部品だと、メーカーによって精度は大きく変わります。

 

取り付けできないことはよっぽどないですが、

取り付けしにくかったり、

隙間が少し空いたり、

加工が必要だったり、

耐久性が低かったりします。

 

値段は、部品にも依りますが社外部品の方が安い傾向にあります。

部品の精度や材質が大きく関係しているんでしょう。

 

また、他のバイクと違ったバイクにしたいのであれば

社外部品を積極的に使用することをオススメします。

 

部品の精度品質を取るなら純正部品

段の面やオリジナリティーを出すなら社外部品がオススメです。

社外部品の取り付け工賃は高い事が多い

社外部品は取り付けしにくかったり、

加工が必要だったり、

することがあります。

 

純正部品より取り付けに手間が掛かる事が多いので

工賃が高く付きやすいです。

 

ショップによっては

純正部品取り付け時と比べ

1.5倍ぐらいの工賃が掛かる店もあります。

 

工賃設定はショップによって大きく違うので

社外部品の取り付けをショップに依頼する場合は

必ず事前に工賃の見積りを依頼しましょう。

バイクの社外部品(カスタムパーツ)のまとめ

品質精度面では純正部品が優れていますが、

値段オリジナリティーでは社外部品の方が優れています。

 

社外部品の取り付けをショップに依頼する場合は、

工賃が通常より高くなる場合があるので

事前に見積りを出して確認しておきましょう。

 

また、カスタムをした際は、取り外した純正部品が出ます。

こたろー
こたろー
バイクを売る時は取り外した純正部品が査定金額に影響する場合があります。詳しくは以下のページにまとめています。
純正部品、カスタムパーツも査定額アップに繋がる!?純正部品やカスタムパーツはプラス査定になる? 取り外している純正部品やカスタムパーツ類を査定士に見て貰う事で プラス査定が期待出...
正しいバイクの売り方を知らないと人生損をします!

・・・と言ったら
「何を大袈裟な・・」
と思う方もいるかもしれません。

けど、これは紛れもない事実です。

僕は正しい売り方を知らず、
学生時代に3台売却して
15万円以上損してきました。

15万あればマフラーを買うことも出来たでしょう。

本当に大きな後悔です。
正しい売り方を知らなかった代償です。

その後バイク屋に就職して、
査定士として査定に携わることで
正しいバイクの売り方を覚えました。

バイクを高く売れれば、
欲しいパーツを買えます。

マフラーを変えたり、
ヘルメットを新調したり出来ます。

バイクを高く売るためには
正しい売り方を知ることが不可欠です。

逆に正しい売り方を知らないと
昔のこたろーのように大きく損します。

学生時代に3台買い叩かれて
15万以上損しながらも
査定士としての経験を経て
今では査定交渉の秘訣をお伝え
出来るようにまでなった過程は以下からどうぞ。

こたろーが学生時代に
3台バイクを買い叩かれて

15万以上損した残念な話