バイク買取Q&A

純正部品、カスタムパーツも査定額アップに繋がる!?

純正部品やカスタムパーツはプラス査定になる?

取り外している純正部品やカスタムパーツ類を査定士に見て貰う事で

プラス査定が期待出来る場合もあります。

こたろー
こたろー
純正部品、カスタムパーツ(社外部品)については詳しくは下記から見る事が出来ます。

バイクの純正部品(ノーマルパーツ)とは?

バイクの社外部品(カスタムパーツ)とは?

 

バイクに乗る楽しみの一つにカスタムがあります。

自分好みのバイクに仕上げていく事が出来ます。

カスタムした方は取り外したパーツが自宅にあるはずです。

査定する車種や保管しているパーツ類によってはプラス査定も望めます。

 

 

ただ、自宅で保管している取り外したパーツ類が

単価が安い物だと査定にはほとんど影響有りません

こたろー
こたろー
例えば、スマホホルダー、バーエンド、ブレーキレバー、スクリーン等、単価が安い物に関してはそのまま引き取るだけになることが多いです。

一方、単価が高いパーツ

例えば、サスペンションマフラーホイール等は加味してくれやすいです。

取り外した純正部品やカスタムパーツがプラス査定になる理由

取り外した純正部品カスタムパーツが残っていることで、

バイク屋や買取業者からすると、

再販する時の方法が増えます。

 

例えば、社外マフラーが付いているバイクをそのまま売りに出すことも、

純正マフラーに戻してから売りに出すことも両方の方法を試せることになります。

こたろー
こたろー
買取ったバイクをどのように再販していけば売りやすいかを考えるのってバイク屋の店員の楽しみです。

また、バイク屋や買取業者はパーツ類を再販する事で

現金化するルートを持っていたり、

社内の補修用のパーツとして使うことも出来ます。

こたろー
こたろー
大手のバイク屋や買取業者の多くは、パーツの転売ルートやパーツのストックを持っています。

つまり、純正部品カスタムパーツはバイク屋や買取業者にとって非常に助かります。

その分買取金額に反映してくれることもあります。

純正部品やカスタムパーツが無いと場合によっては減額査定もあり得る

バイクの今の状態が保安基準を満たしている(車検に通る状態)であれば

さほど問題は無いケースが多いです。

 

保安基準を満たしていない場合

(車検不適合の社外マフラー装着されていて、ノーマルマフラーが無い等)は、

その分減額査定になってしまう場合もあります。

こたろー
こたろー
個人売買やヤフオクで買ったバイクは付いていたマフラーが非合法のマフラーだったなんてことが良くあります。
こたろー
こたろー
よくあるトラブルです。

査定後に売らなかった場合

取り外したパーツ類も査定した時に加味された値段に納得出来なければ、

別ルートで売るのも良いです。

こたろー
こたろー
ヤフオクメルカリでの転売もオススメです!

カスタム箇所が多ければパーツ代はバカにならないですからね。

純正部品、カスタムパーツをまとめておくと良いです

バイク屋や買取業者にバイクの査定をする前に取り外して保管している純正部品、

カスタムパーツをまとめておくと良いです。

査定士に見て貰う事でプラス査定が期待出来る場合もあります。

査定時にスムーズに査定士に見せる事が出来ます

取り外して保管している純正部品、

カスタムパーツは普段目にすることがありません。

 

査定の段階になって倉庫に行ったら、

バイクの売り主
バイクの売り主
「あれ?嫁がパーツ処分したのかな?」

なんて事もよくあります。

こたろー
こたろー
こたろーがバイク屋で働いていた時もよくありました。
こたろー
こたろー
お客様が「ノーマルマフラーが自宅の倉庫にあるから・・。」と言われ自宅までバイクを取りに行った時に倉庫に行ったら「あれっ、マフラーが無い」というやりとりは何回もありましたね。

査定当日焦らないためにも事前に確認しておいてしっかり準備しておきましょう。

純正部品、カスタムパーツをまとめるときの注意点

純正部品、カスタムパーツを査定時に用意する事は重要ですが

あまりに用意周到すぎると

査定士に足元を見られやすくなる場合もあります。

こたろー
こたろー
以下に足元を見られやすくなるポイントをまとめました。

スペアキーまで用意されている
シート下綺麗に掃除されている
ETCカード回収済
・ハンドル周りの小物取り外されている
・ノーマルパーツが見えるところにまとめられている
・印鑑や身分証明書が用意されている

上記のような状態だと査定士から見れば

「この人は今日売ってくれそうだな」

となります。

 

事前準備は大事ですが、

全て査定士の見えるところに置いてしまうと、

足元を見られやすくなる場合があります。

 

事前準備することは良いですが、

用意周到すぎるのも考え物です。

こたろー
こたろー
バイク屋の店頭で査定する場合も同じですね。必要な物を全て準備してくれていて、迎えの車まで呼んでいれば足元を見られやすいです。

 

倉庫内や玄関など、

査定士から見えない所に置いておき、

査定士に言われたら出すぐらいで良いと思います。

純正部品、カスタムパーツも査定額アップに繋がる可能性は充分にある!

パーツ類に関しては小物類は値段が付きにくいですが

単価の高い高価なパーツは加味してくれやすいです。

 

査定の時に査定士に見せて、

加味された金額が低ければ

別のルートで売却する事をオススメします。

 

あくまでカスタムパーツや純正部品はバイクのおまけなので、

過度な期待はしすぎな方が良いです。

ちょっとプラスになったら嬉しいかなぐらいに

思っていると良いです。

 

査定前には純正部品カスタムパーツをあらかじめまとめておきましょう。

取り外したパーツ類は普段目にすることが無いので紛失しがちです。

 

あらかじめ準備する事で、

査定士に取り外して保管しているパーツの事を聞かれても

スムーズに見せる事が出来ます。

ダメろー
ダメろー
査定前にはパーツをまとめていおいた方がいいんだな。
こたろー
こたろー
もちろん!それ以外にも大事な準備物がいくつかあるので以下にまとめていくよ!

査定を依頼するに当たって、

純正部品、カスタムパーツ以外にも、

査定前に予め準備することで

査定額がアップするコツがあります。

 

以下のページに査定前に準備しておくべきことをまとめています。

併せてどうぞ。

第一章 バイクの正しい売り方講座、準備編

正しいバイクの売り方を知らないと人生損をします!

・・・と言ったら
「何を大袈裟な・・」
と思う方もいるかもしれません。

けど、これは紛れもない事実です。

僕は正しい売り方を知らず、
学生時代に3台売却して
15万円以上損してきました。

15万あればマフラーを買うことも出来たでしょう。

本当に大きな後悔です。
正しい売り方を知らなかった代償です。

その後バイク屋に就職して、
査定士として査定に携わることで
正しいバイクの売り方を覚えました。

バイクを高く売れれば、
欲しいパーツを買えます。

マフラーを変えたり、
ヘルメットを新調したり出来ます。

バイクを高く売るためには
正しい売り方を知ることが不可欠です。

逆に正しい売り方を知らないと
昔のこたろーのように大きく損します。

学生時代に3台買い叩かれて
15万以上損しながらも
査定士としての経験を経て
今では査定交渉の秘訣をお伝え
出来るようにまでなった過程は以下からどうぞ。

こたろーが学生時代に
3台バイクを買い叩かれて

15万以上損した残念な話