MENU
バイクを売るなら...

業者オークションとは?バイクの買取相場はここで決まる?

バイクの業者オークションとは?

ヤフーオークションとは違うの?

この疑問にお答えします。

バイクの業者オークションはプロの業者のみで行われる、バイクのオークションの事です。

  • JBAジャパンバイクオークション
  • BDS(ビーディーエス)
  • アライオートオークション
  • アイ・モト・オーク

今回はこの4社のオークションの特徴についてまとめました。

”業者オークションってなんだろう”という方には最後まで読んで欲しいです。

目次

バイクの業者オークションとは?

業者オークションの大手は4つあります。

大手の業者オークション
  • JBAジャパンバイクオークション
  • BDS(ビーディーエス)
  • アライオートオークション
  • アイ・モト・オーク

業者専用なので基本的には一般の個人が出入りしたり、オークションに参加する事は出来ません。

許可された人間しか立ち入ることが出来ないので、一般のライダーの方はなかなか行くことが出来る空間ではないです。

だめろー

じゃあ僕は会場に入れないの?

そうま

まず無理だと思っていてね。

JBA ジャパンバイクオークション

JBA

バイク王と提携し、バイクオークションを運営している会社です。

JBA

会場は神戸と横浜。

毎週火曜日に神戸会場、毎週金曜日に横浜会場で行われます。

だめろー

毎週開催されているのか。

午前11時にオークションがスタートします。

神戸会場は、1000台~1200台、横浜会場は、1300台~1500台程(実績参照)毎回出品されています。

取り扱い車種も幅広く、国産車から輸入車まで出品しています。

また、海外展開にも力を入れている業者です。

JBAに個人が入会することは出来るの?

不可能ではないですが非常に難しいです。

JBAの入会条件としては、以下の通りです。

JBAの入会条件
  • JBAの運営方針に賛同し、会員契約締結した者
  • 古物許可証を有する者
  • 二輪車に関する業歴として、1年以上の経験を有する者
  • 二輪車販売店と認識できる店舗を有する者
  • 二輪車オークションの現車会場の特性を理解している者
  • その他、JBAが参加資格を承認した者

費用面は、以下の通りです。

JBAの入会費用
  • 入会金、保証金、印紙代含め136400円
  • オークションの参加や会場での現車確認、下見が出来る現車会員が月々4800円
  • 自分のお店から遠隔で操作することが出来る、リアルネットオークションのweb会員が7800円
  • WEB会員は毎年3月・9月にシステムサポート費12,000円(税別)

個人事業主の届出をして屋号をがあれば、入会条件を満たしていくことは不可能では無いです。

自分でバイク販売店やカスタムショップ等の事業を立ち上げるつもりならいいかもしれませんが、現実として厳しいでしょう。

JBAのオークションの落札率

オークションに出品されたバイクの85~90%(実績参照)は落札されていきます。

出品さえ出来ればほぼ売れているような状況です。

バイク王が買取したバイクはJBAに出品されていくので、高い落札率はバイク王の現金化がスムーズに行われている事を表しています。

JBAに出品されるバイクの品質はどうですか?

独自の検査評価基準を設け、1台のバイクを外観、機能、総合と3名で分担し公平中立に検査しています。

さらに機能については業界唯一の走行テストを実施しています。

検査精度を高め、過去5年間においてクレーム発生率は1%未満です。

また、日本二輪車オークション協会(JABA)に加盟し、走行管理システムと盗難情報照会をする事で適宜対処しております。

JBAの出品、落札、輸送に関する費用

オークションに出品したいバイクや、落札したバイクの輸送を依頼することが出来ます。

また、オークションに際して出品料、成約料、落札料の手数料が別途掛かります。

出品する地域にもよりますが、

一般的に搬送費用や出品、落札費用で1台辺り3万円前後掛かっています。

そうま

JBAはバイク王と資本提携をしており安定的にたくさんのバイクが出品されています。

BDS(ビーディーエス)

BDS

1983年4月に株式会社バイク・データ・サービスとして設立された会社です。

参考;BDS

今では、Bike Data Serviceの頭文字、BDS(ビーディーエス)に社名変更され、業者オークションを国内No,1のシェアを誇っています。

国内二輪オークション取引の過半数を越えるシェアを獲得しています。

全国5152店舗(2014年3月末現在)ものショップの方が入会しており、毎週2,500台前後の出品され、成約率90%前後という驚異の数字を誇っています。

BDSのオークション会場

BDSのオークション会場は全国に3つあります。

BDSのオークション会場

柏の杜(関東会場)
関西(大阪府堺市)
九州(福岡県太宰府市)

柏の杜(関東会場)

2007年8月に竣工した国内最大規模を誇る二輪車オークション会場。

敷地面積37,500坪、東京ドーム約2.5個分という広大な敷地には、最大5000台もの車両が収容できる二輪車展示場があります。

関西(大阪府堺市)

1994年に現在の堺市にBDS関西会場が完成しました。

2012年3月、内装をリニューアルされています。

九州(福岡県太宰府市)

2007年8月に九州会場は、ABN21稼働に合わせてリニューアルを行われました。

この3会場合計で毎週約2500台のバイクがオークションに出品されています。

BDS(ビーディーエス)は個人で入会出来るの?

JBA同様、不可能ではないですが非常に難しいです。

BDSへ申し込む際の申請者本人様の条件

BDSの申込条件
  • 古物許可証を保有し、行商区分が「する」になっていること
  • 店舗があること
  • 設立2年以上の二輪販売店様(オートバイ、自転車)
  • 設立2年以上の四輪取扱店様で認証工場があること

BDSの申込に必要となるもの

BDSに申込む際に必要になる物
  • 運転免許証のコピー(古物商名義人様)
  • BDS入会審査申請書(連帯保証人様が必要)
  • 古物許可証のコピー(必須)
  • 法人の場合は、商業登記簿謄本または現在事項全部証明書
  • 個人の場合は、古物商許可証名義人様のご家族全員の住民票
  • 店舗の写真(全景、展示場、内景 各1枚)と古物商名義人様の顔写真

BDSに申し込む際の費用

BDSの入会金→会員費は5パターンあるのですが一番高い会員だと入会金だけで100万円を超えます。

ジュピターⅡ(インターネット会員)の料金は3パターンあります。

ジュピターⅡの料金一覧

【Aプラン】登録料:80,000円・月額:5,000円・落札手数料:0円
【Bプラン】登録料:0円・月額:8,000円・落札手数料:0円
【つど払いプラン】登録料:10,000円・月額:0円・落札手数料:3,000円/1台(定例オークション)、2,000円/1台(蚤の市オークション)、1,000円/1台(サイバーオークション

個人事業主の届出をして屋号をがあれば、個人でも不可能では無いのです。

ただ、自分でバイク販売店やカスタムショップ等の事業を立ち上げるつもりならいいかもしれませんが、現実として厳しいでしょう。

だめろー

自分の1台のバイクを高く売る為だけに入会するのは現実的じゃないね。

BDSの落札率

ジュピターⅡなどのインターネットでのオークションサービスも充実しています。

オークション会場に足を運ばなくても、自身の店舗で働きながらリアルタイムでオークションに参加、入札する事が出来ます。

その成約率はなんと90%以上

オークションに出品出来ればすぐに現金化が出来ます。

ジュピターには応札機能だけでなく、相場情報の検索 、下見情報の検索 、予約応札機能も使うことが出来ます。

BDSで出品されるバイクの品質はどうですか?

出品頂いた車両は全て、BDS独自の検査システム「SIBO」に基づく精密検査を行ってから、オークションに出品されます。

精密検査をする検査員の約80%が、整備士国家資格を保有しているので非常に精度が高いです。

BDSでは特別なバイクオークションも行われています

順番に紹介していきます。

蚤の市オークション

毎週金曜日に開催している蚤の市オークションでは、部品取り車両のみが出品されるオークションです。

3会場合計で毎週1000台以上の蚤の市車両が出品されています。

パーツを個別に買うより安いと考えているショップ向けです。

サイバーオークション

毎週開催される業界最大規模のパーツ&用品オークションがサイバーオークションです。

毎回約1200品のアイテムの中には新品中古を問わず、バイクパーツや用品類が出品されます。

販売用のバイクのオークションだけで無く、パーツ取り車やパーツや用品のオークションも行われています。

ショップからすると部用品が安く手に入るのは魅力ですからね。

BDSのオークション以外の事業

BDSレポートという雑誌の発行や、BBBというユーザーと加盟店を繋ぐサイト等をオークション事業とは別に運営しています。

アライオートオークション

アライオートオークション

バイクだけで無く、自動車や、トラック、建設機械のオークションを手がけるオークション業者です。

参考;アライオートオークション

アライオートオークションが提供するAI-NET(アイ・ネット)にウェブサイトからアクセスするだけで、現地に足を運ばなくてもバイクオークションに参加する事が出来ます。

アライオートオークションのオークション会場

バイクのオークションは、ベイサイド(神奈川県川崎市)、福岡(福岡県古賀市)での開催です。

毎週火曜日開催。

アライオートオークションに出品されるバイクの品質はどうですか?

違法性が高く、走行安全性に欠ける改造、盗難車両や、オークション流通歴半年以内でメーター改ざんが発覚した車輌は、出品出来ないようになっています。

また、日本二輪車オークション協会に加入しており、メーター改ざん、盗難車照会に関しては厳しくチェックしております。

アライオートオークションにはどういったバイクが出品されるの?

通常のバイクオークションのレギュラーコーナーと、カギが無かったり、走行に必要な部品が欠品している車両、事故車等が出品される現状コーナーがあります。

出品する側も、落札する側も都合の良いシステムです。

アイ・モト・オーク

アイ・モト・オーク

株式会社オークネットが運営している業者オークションです。

本社は東京都港区。

衛星回線を使ったオートオークションを運営していることが特徴です。

参考;アライ・モト・オーク

アイ・モト・オークの優れている所

毎週木曜日され、出品台数60000台に及びます。

パソコンとインターネット環境さえあれば、全国どこからでもショップにいながらオークション出品・落札が可能です。

全国4,000社を超えるオークネット会員店がいるので、出品も落札も盛んに行われています。

アイ・モト・オークでやり取りされたオークション情報により相場情報も豊富です。

ショップでの下取・買取査定時の相場の参考になっています。

アイ・モト・オークではバイクオークション以外でもバイクを売れます。

モトバザールという24時間、365日検索可能な

「ワンプライス」「共有在庫市場」を展開しています。

オークション開催日以外でも利用できるサービスです。

24時間、365日検索・仕入・掲載が可能であり、業販機会が大幅に拡大します。

常時10,000台以上の在庫があるので自店でのショップでの商談に活かせます。

アイ・モト・オークのバイクオークション以外の事業

自動車のオークション、フラワーオークション、ブランド品のオークション、デジタル機器のオークション等、オークション事業を多岐に渡って運営しています。

業者オークションは、個人での参加が難しい。どうしても参加したい場合は代行してくれる業者がおすすめ

これまで業者オークションについてまとめてきましたが、個人での参加は難しいです。

ただ、代行してくれる業者もあります。

業者オークションの代行業者ならモト・サポートがおすすめです。

関連;バイクオークション代行業者、モトサポートについてまとめました

バイクの業者オークションのまとめ

バイクの業者オークションで1日に1,000台以上のバイクが一度に取引される様は圧巻です。

全国から集まったバイクを競りでさばいていくわけですが、出品する方も、落札する方も当然ながらプロです。

そういったプロがやり取りした金額の集積がオークション相場となっています。

このオークション相場が、全国の各バイク屋や買取業者がバイクを買取する時の参考金額となっています。

そうま

このオークション相場がすごい大事!

業者オークションは名前は聞いたことある方が多いと思いますが、許可された人しか入場、参加が出来ない空間なのでイメージ付きにくいですよね。

そうま

僕も実際に行ったことはないです。

世の中に流通しているバイクの多くはオークションを介して市場に流れるのでバイク業界としては欠かせないものです。

そうまがバイク屋で働いていた時も、業者オークションで仕入れた車両を販売したことは何回もありました。

当然のことながらオークションでの仕入れが無ければ販売出来なかった訳なので、自分も業者オークションには助けられましたね。

そうま

バイク業界でも、自動車業界でもオークションの存在は非常に重要です。オークションが無ければ、車両が流通しませんからね。

今回まとめた業者オークションでは無いですが、一般の方がバイクの買取相場を知る事が出来るサイトを以下にまとめています。

おすすめ買取業者

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次