MENU
バイクを売るなら...

バイクの走行距離が買取価格に与える影響

バイク走行距離

今回は、走行距離が査定や買取相場に与える影響についてまとめていきます。

  • 走行距離を気にしている
  • これからバイクを売る予定
  • 走行距離の査定額への影響が気になる

このような方は是非最後まで見て欲しいです。

目次

バイクの走行距離が少ない方が買取金額が良い

一般的にはバイクの走行距離が少ない方が、高く売れます。

これは自動車でも同じじゃ無いかなと。

逆に言えば同じ車種、同じ年式でも、走行距離が増えればその分査定金額は下がります。

なぜ走行距離が少ない方が買取金額が高いのか

走行距離が少なければ、消耗品や機能部品の痛みが少ないです。その分査定や買取相場も高くなりやすいです。

逆に走行距離が長くなればなるほど、消耗部品や機能部品へのダメージが増えていきます。

走行距離が少ないうちは、タイヤやチェーンといった消耗品交換で済みます。

走行距離が増えれば増えるほど、クラッチ板やステムベアリング等、普段なかなか交換しないような部品の交換にまで至ります。普段交換しないような部品は交換費用が高い分、査定額への影響も大きいですね。

最終的にはエンジンやフレーム等、バイクを一台買えるぐらいの修理代が掛かかるケースもあります。

ここまでいくともはや、修理不可能=査定で値段が付かないです。

そこまでいったら流石に寿命ですけどね。


バイクはメンテナンスをしっかりやれば10万km以上は乗れます。

ただ、大半のバイクはそこまで走行距離が伸びずに放置されたり派手に転倒してダメになってしまうケースがほとんどです。

走行距離が査定や買取価格に与える影響

ざっくりと言うと、大体5000㎞刻みぐらいで、変わってきます。

そうま

ショップや業者によって違うけど、大体そんな感じです。

走行距離は、大まかにいうと大排気量の方が査定への影響が少なく、小排気量の方が査定への影響が大きいです。

例えば同じ35000㎞という走行距離でも1300㏄のハヤブサと、50㏄スクーターでは、ハヤブサの方が影響が少ないです。

バイクの買取は走行距離によってどれぐらい減額されますか?

走行距離によってどれぐらい減額されるのか疑問に思う方もいると思います。

そうま

今回は走行距離が査定に与える影響について、僕がいた店の事例を紹介したいと思います。

もちろん、基準は業者によって異なります。今回紹介するのは一例です。

僕がいた店では

外装状態、消耗品の状態から

基礎金額を算出して

そこから走行距離による減額

を行っていました

そうま

下記に排気量と走行距離が査定金額に与える相関をまとめました。

距離(km)~125㏄~250㏄~400㏄401㏄~
~50001.01.01.01.0
~100000.91.01.01.0
~150000.90.91.01.0
~200000.80.90.91.0
~300000.70.80.90.9
~400000.60.70.80.8
~500000.60.70.70.8
それ以上0.6以下0.7以下0.7以下0.7以下
yzf-r25

査定をして算出した基礎金額に、一覧表の数値を掛け合わせて計算します。

例えばYZF-R25で35000㎞は

~250㏄の~40000㎞に該当するので

0.8です。

ですので、僕の店だと

基礎金額から

0.8を掛け合わせた金額(20%減額)が

査定金額となっていました

だめろー

20%減額!結構引かれるなぁ・・。

とは言ってもバイクの走行距離による買取金額の減額はあくまで目安

先ほどの一覧は必ずしも適用している訳ではなく、あくまで目安として参考にしているぐらいの活用でした。

そうま

基準にはなりますが、必ずしも適用していたわけではないです。

特に他の買取業者やショップと競合している時は、あまり参考にしていませんでした。

減額して競合で負けていたら意味無いですからね。

走行距離が多いバイクでも高く売れるバイクも多い

だめろー

やっぱり走行距離が長くなってしまうと査定が安くなるんだね?

そうま

もちろんそうだけど、走行距離ですべてが決まるわけではないから先入観を持たなくて良いよ。

走行距離による減額は、基準は違えどどの買取業者でも行われています。

でもバイクの査定は走行距離だけで決まるわけではないです。

外装状態や消耗品、機能部品の状態、カスタムの有無も大きく関わってきます。

それ以上に査定の交渉や、より高く売れる可能性のある買取業者と競合させることが重要となってきます。

メーター交換しているバイクは高く売れないのか

だめろー

メーター交換しているバイクって査定が安くなったりするの?

そうま

メーター交換歴は記録が残っていれば、大きな影響はないよ。

元々ついていたメーターを保管してあれば、実走距離としての証明物になります。

その場合は減額は少なくなります。

・・とはいえ、元々ついていたメーターが残っている場合の方が少ないはずです。

だめろー

そういう場合はどうなるの?

そうま

走行距離に疑義がある場合は、走行距離減算車として査定します。

実走距離が分からない場合、疑義がある場合は、走行距離減算車としての買取となります。

買い取した業者が店頭で売るにしても、業者オークションに出品するにしても、走行距離が正しくないことは明記しなければいけません。

関連;業者オークションとは?バイクの買取相場はここで決まる?

そうま

誤って表記して販売すると、景品表示法違反となり、処罰の対象となりますからね。

【一応】バイクの走行距離とは

メーターに刻まれている数値です。

新車の状態からどれだけ走ったのかを示す値です。

そうま

ちなみにメーターなんだけど、オドメーターとトリップメーターの違いは分かる?

だめろー

オド?トリップ??

ざっくり説明すると、

オドメーターが新車の状態から走った走行距離で、

トリップメーターがリセットしてからの走行距離です。

オドメーター新車の状態からの走行距離
トリップメーターリセットしてからの走行距離
そうま

もちろん、バイクの売買で気にするのはオドメーターの方ね!

【結論】バイクの走行距離は少ないほど良いが多くても買取価格が高い場合もある

走行距離は間違いなく査定に影響ありますが、走行距離以外にも査定で重要な要素はいっぱいあります。

僕が働いていた店でも先ほどの一覧表を元に走行距離による減額が行われていました。

ただ、あくまで目安として参考にしていただけなので、杓子定規のような減額を行っていたわけではありません。

特に他の買取業者と競合した場合は走行距離による減額は、ほとんどやっていませんでした。

そうま

走行距離が多くても買取業者同士をうまく競合させればバイクを必ず高く売れますよ!

おすすめ買取業者

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次