雑記

CB400SSは不人気?SR400と比較してみた

CB400SSを検討しているんだけど、不人気車っていう噂を聞いたんだが本当なの?

 

今回はCB400SSについて語ろうかなと思います。

CB400SSはホンダの空冷単気筒エンジンを搭載したレトロな雰囲気が特徴。

2000年代初頭に登場し、今でも中古市場によく出回っているのを目にします。

 

実はCB400SSはバイク屋で働いていた時なんかはそんなに売れなかったんですよね。

  • CB400SSは不人気なの?
  • ライバル車との違いは?

実態に迫っていきたいと思います。

CB400SSは不人気なのか?元バイク屋の僕がズバリ回答

ぶっちゃけCB400SSはそこまで売れませんでした。

バイク屋の店頭に並べることも多かったですが、やや売れ行きは悪かったですね。

全く売れないってことはなかったですが、ライバルのSR400と比べると販売台数は少なかったです。

SR400が3台売れたらCB400SSが1台売れるぐらいの感覚かなと。

 

ただ、レトロな雰囲気が好きな方は好まれて乗るイメージが多かったです。

本当はカワサキのW400を乗りたいんだけど、2気筒でちょっと重くなるし予算的にも安い方が良いって方はCB400SSを買っていくことが結構ありましたね。

W400もクラシックな雰囲気があり、バイクに性能や速さを求めない方に好まれることが多かったです。

 

あとはSR400と比較検討される方が多かったですね。

実際に悩む方も多いと思います。

CB400SSとSR400を比較した場合どうなのか?

まずはスペックから検討していきたいと思います。

CB400SSとSR400のスペックを比較してみた

SR400 CB400SS
型式 BC-RH01J BC-NC41
全長(㎜) 2085 2165
全幅(㎜) 750 780
全高(㎜) 1105 1125
ホイルベース(㎜) 1410 1405
最低地上高(㎜) 140 160
シート高(㎜) 790 790
乾燥重量(㎏) 152 139
車両重量(㎏) 168 153
燃料消費率(60㎞/h走行時)(㎞/L) 48 39
原動機種類 4ストローク 4ストローク
気筒数 1 1
シリンダ配列 単気筒 単気筒
冷却方式 空冷 空冷
排気量(㏄) 399 397
カム・バルブ駆動方式 OHC(SOHC) OHC(SOHC)
バルブ数 2 4
気筒あたりバルブ数 2 4
最高出力(PS) 27 29
最高出力回転数(rpm) 7000 7000
最大トルク(N・m) 29 31
最大トルク(kgf・m) 3.2
最大トルク回転数(rpm) 6500 5500
燃料供給方式 キャブレター キャブレター
燃料タンク容量(L) 12 11
燃料(種類) レギュラーガソリン レギュラーガソリン
エンジン始動方式 キックスターター式 セルフ・キック併用式
エンジンオイル容量※全容量(L) 2.4 2.2
ブレーキ形式(前) 油圧式ディスク 油圧式ディスク
ブレーキ形式(後) 機械式リーディングトレーリング 機械式リーディングトレーリング
フロントフォーク 正立フォーク
タイヤ(前) 90/100-18 100/90-19
タイヤ(後) 110/90-18 110/90-18
タイヤ構造名 バイアス バイアス

CB400SSとSR400のスペックの一覧はこの通り。

特筆すべき項目を挙げておきます。

  • 馬力・トルク
  • バルブ数
  • 燃費

CB400SSとSR400の比較(馬力・トルク)

  • CB400SSが29馬力
  • SR400が27馬力

馬力はCB400SSの方が2馬力高いです。

後に説明するバルブ数にも関係してくるのですが、馬力だけで比較するならCB400SSが優れています。

走りを求める方はCB400SSが良いかも。

CB400SSとSR400の比較(バルブ数)

  • CB400SSは4バルブ
  • SR400は2バルブ

CB400SSの方がバルブ数が多いです。

先ほどの馬力にも関係しているわけですが、バルブ数(エンジンのシリンダー上部にある吸排気口)が多ければ吸排気効率が高い訳です。

それだけエンジンの出力も高くなります。

ただ、エンジンの出力が高くなるということは燃費にも影響してきます。

CB400SSとSR400の比較(燃費)

  • CB400SSは39km/l
  • SR400は48km/l

数値は定地燃費なので参考までに。

定地燃費とは60km/hで走り続けた場合の燃費です。1時間止まらずに走り続けれる道は少ないので、実際の燃費はもっと悪いです。大体7掛けぐらいでしょうか。

バルブ数の関係もあり、SR400の方が燃費は良いです。

 

とはいえ、単気筒で車体も軽いってのもあり燃費自体は他の400ccと比べるとかなり良いです。

CB400SSとSR400を比較した際どっちがいい?

どっちが良いかと言われると難しいところですが、CB400SSの良いところはセルが付いている点。

2003年にマイナーチェンジをしてセルが付きます。

 

SR400はキックでエンジン始動しますが、CB400SSの後期型はセルとキックの併用です。

キックでエンジンを掛ける行為がある意味で儀式みたいな感じで、それが良いという方もいますが、セルがあった方が楽ですよね。

ボタン1つで簡単にエンジン始動出来ます。

夏場に汗だくになりながらキックする必要がありません。

 

キックでのエンジン始動に憧れている方はSR400が良いかもしれませんが、楽をしたい方はCB400SSの後期型の方が良いかもしれません。

カスタムしたい方はCB400SSとSR400を比較するならSR400

カスタムパーツが多いのはSR400。

カスタムしたいよって方はSR400がおすすめです。

 

CB400SSはカスタムパーツ少ないんですよね。

ハンドル変えたりマフラー変えたりぐらいは出来ますが、SR400と比べると種類は少ないですね。

カスタム目的な方はSR400が良いです。

反対にノーマルの形が好きでそのまま乗りたい方はCB400SSがおすすめと言えます。

CB400SSは不人気なのかまとめ

  • CB400SSは不人気なの?
  • ライバル車との違いは?

SR400と比べると、販売台数や知名度では劣りますがCB400SSも良いところはたくさんあります。

特にセルでのエンジン始動が出来るのは良いですよね。

マジでエンジン始動が楽です。

キックに自信がないとか、足が届かなくて不安定な方には本当に便利です。

 

SR400にはない良さがあるのがCB400SS。

セル付きのモデルもありますし、ノーマルでも楽しめるのが特徴。

人気という面ではSR400に負けますが、CB400SSも良いところが多いですよ。

正しいバイクの売り方を知らないと人生損します

・・・と言ったら
「何を大袈裟な・・」
と思う方もいるかもしれません。

けど、これは紛れもない事実です。

僕は正しい売り方を知らず、
学生時代に3台売却して
15万円以上損してきました。

15万あればマフラーを買うことも出来たでしょう。

本当に大きな後悔です。
正しい売り方を知らなかった代償です。

その後バイク屋に就職して、
査定士として査定に携わることで
正しいバイクの売り方を覚えました。

バイクを高く売れれば、
欲しいパーツを買えます。

マフラーを変えたり、
ヘルメットを新調したり出来ます。

バイクを高く売るためには
正しい売り方を知ることが不可欠です。

逆に正しい売り方を知らないと
昔のこたろーのように大きく損します。

学生時代に3台買い叩かれて
15万以上損しながらも
査定士としての経験を経て
今では査定交渉の秘訣をお伝え
出来るようにまでなった過程は以下からどうぞ。

こたろープロフィール
元バイク屋こたろーのプロフィールですバイク屋の店員として1,000台以上買取してきた実績がありますが、学生時代は正しいバイクの売り方を知らなくて損ばかりしてきました。そんな元バイク屋こたろーのプロフィールです。...