MENU
バイクを売るなら...

CB400SSは不人気?最高速はどれぐらい?

CB400SSを検討しているんだけど、不人気車っていう噂を聞いたんだが本当なの?

今回はCB400SSについて語ろうかなと思います。

CB400SSはホンダの空冷単気筒エンジンを搭載したレトロな雰囲気が特徴。2000年代初頭に登場し、今でも中古市場によく出回っているのを目にします。

実はCB400SSはバイク屋で働いていた時なんかはそんなに売れなかったんですよね。

  • CB400SSは不人気なの?
  • ライバル車との違いは?

実態に迫っていきたいと思います。

目次

CB400SSは不人気なのか?元バイク屋の僕がズバリ回答

ぶっちゃけCB400SSはそこまで売れませんでした。

バイク屋の店頭に並べることも多かったですが、やや売れ行きは悪かったですね。

全く売れないってことはなかったですが、ライバルのSR400と比べると販売台数は少なかったです。SR400が3台売れたらCB400SSが1台売れるぐらいの感覚かなと。


ただ、レトロな雰囲気が好きな方は好まれて乗るイメージが多かったです。

本当はカワサキのW400を乗りたいんだけど、2気筒でちょっと重くなるし予算的にも安い方が良いって方はCB400SSを買っていくことが結構ありましたね。

W400もクラシックな雰囲気があり、バイクに性能や速さを求めない方に好まれることが多かったです。

あとはSR400と比較検討される方が多かったですね。

実際に悩む方も多いと思います。


CB400SSとSR400を比較した場合どうなのか?

まずはスペックから検討していきたいと思います。

CB400SSとSR400のスペックを比較してみた

SR400CB400SS
型式BC-RH01JBC-NC41
全長(㎜)20852165
全幅(㎜)750780
全高(㎜)11051125
ホイルベース(㎜)14101405
最低地上高(㎜)140160
シート高(㎜)790790
乾燥重量(㎏)152139
車両重量(㎏)168153
燃料消費率(60㎞/h走行時)(㎞/L)4839
原動機種類4ストローク4ストローク
気筒数11
シリンダ配列単気筒単気筒
冷却方式空冷空冷
排気量(㏄)399397
カム・バルブ駆動方式OHC(SOHC)OHC(SOHC)
バルブ数24
気筒あたりバルブ数24
最高出力(PS)2729
最高出力回転数(rpm)70007000
最大トルク(N・m)2931
最大トルク(kgf・m)3.2
最大トルク回転数(rpm)65005500
燃料供給方式キャブレターキャブレター
燃料タンク容量(L)1211
燃料(種類)レギュラーガソリンレギュラーガソリン
エンジン始動方式キックスターター式セルフ・キック併用式
エンジンオイル容量※全容量(L)2.42.2
ブレーキ形式(前)油圧式ディスク油圧式ディスク
ブレーキ形式(後)機械式リーディングトレーリング機械式リーディングトレーリング
フロントフォーク正立フォーク
タイヤ(前)90/100-18100/90-19
タイヤ(後)110/90-18110/90-18
タイヤ構造名バイアスバイアス
スペック比較

CB400SSとSR400のスペックの一覧はこの通り。

特筆すべき項目を挙げておきます。

  • 馬力・トルク
  • バルブ数
  • 燃費

CB400SSとSR400の比較(馬力・トルク)

  • CB400SSが29馬力
  • SR400が27馬力

馬力はCB400SSの方が2馬力高いです。

後に説明するバルブ数にも関係してくるのですが、馬力だけで比較するならCB400SSが優れています。

走りを求める方はCB400SSが良いかも。

CB400SSとSR400の比較(バルブ数)

  • CB400SSは4バルブ
  • SR400は2バルブ

CB400SSの方がバルブ数が多いです。

先ほどの馬力にも関係しているわけですが、バルブ数(エンジンのシリンダー上部にある吸排気口)が多ければ吸排気効率が高い訳です。

それだけエンジンの出力も高くなります。

ただ、エンジンの出力が高くなるということは燃費にも影響してきます。

CB400SSとSR400の比較(燃費)

  • CB400SSは39km/l
  • SR400は48km/l

数値は定地燃費なので参考までに。

定地燃費とは60km/hで走り続けた場合の燃費です。1時間止まらずに走り続けれる道は少ないので、実際の燃費はもっと悪いです。大体7掛けぐらいでしょうか。

バルブ数の関係もあり、SR400の方が燃費は良いです。

とはいえ、単気筒で車体も軽いってのもあり燃費自体は他の400ccと比べるとかなり良いです。

CB400SSとSR400を比較した際どっちがいい?

どっちが良いかと言われると難しいところですが、CB400SSの良いところはセルが付いている点。2003年にマイナーチェンジをしてセルが付きます。

SR400はキックでエンジン始動しますが、CB400SSの後期型はセルとキックの併用です。キックでエンジンを掛ける行為がある意味で儀式みたいな感じで、それが良いという方もいますが、セルがあった方が楽ですよね。

ボタン1つで簡単にエンジン始動出来ます。夏場に汗だくになりながらキックする必要がありません。

キックでのエンジン始動に憧れている方はSR400が良いかもしれませんが、楽をしたい方はCB400SSの後期型の方が良いかもしれません。

カスタムしたい方はCB400SSとSR400を比較するならSR400

カスタムパーツが多いのはSR400。

CB400SSはカスタムパーツ少ないんですよね。ハンドル変えたりマフラー変えたりぐらいは出来ますが、SR400と比べると種類は少ないですね。

カスタム目的な方はSR400が良いです。

反対にノーマルの形が好きでそのまま乗りたい方はCB400SSがおすすめと言えます。

CB400SSの最高速は何km/hぐらい?

CB400SSの最高速は140km/hぐらいです。400ccのバイクとしてはぶっちゃけ遅いぐらいです。

というのも、空冷単気筒で29馬力ということを考えると妥当な馬力なのかなと思います。400ccでも4気筒バイクなら180km/hまで出ますが、空冷単気筒エンジンではそこまで伸びないですね。

どちらかというと最高速よりも、街乗りで乗りやすいトルク感を楽しむバイクなので、最高速はあまり期待しない方が良いでしょう。


では高速道路に乗れないのか?という点ですが、乗れないということはないです。走行車線を走っている分には問題ないでしょう。

ただ、追い越し車線でガンガン追い越していくとなるとちょっと厳しいかもしれません。

明らかに遅いトラックや乗用車を追い抜くことは可能ですが、追い越し車線でガンガン抜かしていくタイプのバイクではないです。

CB400SSは不人気なのかまとめ

  • CB400SSは不人気なの?
  • ライバル車との違いは?

SR400と比べると、販売台数や知名度では劣りますがCB400SSも良いところはたくさんあります。

特にセルでのエンジン始動が出来るのは良いですよね。マジでエンジン始動が楽です。キックに自信がないとか、足が届かなくて不安定な方には本当に便利です。


SR400にはない良さがあるのがCB400SS。セル付きのモデルもありますし、ノーマルでも楽しめるのが特徴。

人気という面ではSR400に負けますが、CB400SSも良いところが多いですよ。

おすすめ買取業者

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次