雑記

エストレヤに似合うヘルメット5選

エストレヤヘルメット
  • エストレヤに似合うヘルメットはあるだろうか?
  • お洒落な車体に合うヘルメットが欲しい

エストレヤはスペイン語で「星」という意味。

クラシカルでお洒落なバイクの代名詞です。

ファッションにもこだわりたくなるものです。

 

今回はエストレヤにおすすめのヘルメットについてまとめていきます。

エストレヤに合うヘルメット選びの参考になれば幸いです。

エストレヤに似合うヘルメット5選

  1. アライのS-70
  2. アライのクラシックエアー
  3. VERTEX GT751
  4. TNK工業 ハーフ型ヘルメット MAGGY GG-2 BIG SIZE
  5. リード工業 CROSS CR-760 ハーフヘルメット

エストレヤヘルメット①アライのS-70

S-70は、バイザーを外してカフェ風に被るも良し。

自分のイメージに合わせて、ハイザーを純正以外に変えるも良し。

又は、塗装、ステッカーを貼ってもカッコイイ。

如何様にでも変えられる楽しみがある。

 

しかも、信頼の日本国内メーカー品で、JIS規格の物である。

ネットで出回っている物の大半はSG規格品。SG規格は、125cc以下限定と記載している物もある。

法律で公道走行を禁止しているという訳では無いが、販売側としては、125cc以上のバイクで走行した場合に、安全に関しては保障できないという事からである。

つまり安全では無い。このS-70は、そういう面でも安心です。

 

いつ、何処で事故やアクシデントに巻き込まれるか分かりません。

安心な信頼あるヘルメットで、バイクライフを楽しみましょう!

アライのS-70はツバ付きのジェットヘルです。

エストレヤにようなクラシカルなバイクによく合いますね。

 

日本のアライのヘルメットなので信頼性も抜群。

安全性だけでなく、フィット感や、走行時の静粛性も高いのが特徴です。

エストレヤヘルメット②アライのクラシックエアー

クラシックエアー

クラシックな雰囲気をかもし出す、カワサキエストレア。

ヘルメットもバイクに合わせて、クラシックに揃えたいところです。

 

そんなエストレアにお勧めしたいヘルメットは、アライのクラシックエアーです。

クラシカルなジェットヘルメットタイプの形状に、カラーバリエーションも豊富。

そのカラーバリエーションのなかでも、エラブル―は大人過ぎないカッコよさがあって、特にお勧めです。

安全性能に関しても、アライなら間違いない安心感があります。

 

また、かぶり心地もとても良好ですし、アライのヘルメットは、日本人の頭の形状によく合っていると思います。

価格的には、決して安い買い物ではありませんが、エストレアによく似合うお薦めなヘルメットです。

ボブタイプのアライのヘルメット。

スクリーンは汎用のものを自由につけることが出来ます。

シンプルにクリアタイプでも良いですし、カッコよくいくならスモークタイプも良いでしょう。

 

アライは品質が最高レベルです。

値段はちょっと高いですが、使い心地も良いですし風切り音も少ないです。

品質にはこだわりたい方におすすめ。

エストレヤヘルメット③VERTEX GT751

GT751

私がエストレアに似合うヘルメットとしてオススメしたいのは、VERTEXのGT751というヘルメットです。

 

エストレアはどこか懐かしさを感じるようなノスタルジック感溢れるとてもおしゃれなバイクです。

そんなエストレアの雰囲気を壊すことなくかぶることができるのがこのGT751です。

 

まずはデザイン、通気孔とシールド止めのボタンがポイントになりスタイリッシュでありながら昔ながらのシンプルなフルフェイスの形なのでエストレアに負けず劣らずノスタルジック感溢れるデザインになっています。

またエストレアはよくカスタム車のベースとして使われる車体ですが、カフェレーサー、ボバー、チョッパーとどのスタイルにしていっても似合うこと間違いなしです。

 

機能としては、中のクッションが取りはずしでき清潔に保てる作りで、顎紐もワンタッチで外れる仕組みとなっているため使い勝手もとてもいいです。

 

エストレアに乗るならこれしかないというヘルメットです。

ちなみに値段も1万を少し越えるぐらいで初めてのヘルメットにも、他のヘルメットを試したいという人にもどちらにもオススメできるヘルメットです。

スタイリッシュな雰囲気のGT751。

クラシカルなイメージが強いエストレヤに合いますね。

ヘルメットの内装も取り外して洗えるので、気軽に取り扱い出来ます。

エストレヤヘルメット④TNK工業 ハーフ型ヘルメット MAGGY GG-2 BIG SIZE

まず前提としてエストレアは街乗りでこそ魅力を発揮するバイクだと思っております。

ツーリングなどをする場合は上記のヘルメットは適してないと感じます。

 

個人的な意見ですが上記のマッドブラックのヘルメットにアメカジスタイルで街中を乗りこなせばかなり見栄え良く、通行人の注目の的になること間違いなしだと思います。

主張しないマッドブラックが非常におしゃれな感じを醸しだし魅力的に見えます。

 

安全面ではフルフェイスではない分劣りますが単純にかっこよさが際立って見えること間違いなしだと思います。

タンクの色次第ですが黄色など明るめの色の場合はレッドがおすすめです。

個人的には断トツでマッドブラックをおすすめいたしますのでご検討してみてください。

半ヘルは125ccまでですが、正直ヘルメットを被ってさえいれば取り締まりを受ける確率が低いのが実情です。

被りやすさや手軽さを重視するなら、MAGGY GG-2のような半ヘルも良いかもしれません。

 

ただ、安全面や取り締まりに関しては自己責任になりますので注意してください。

エストレヤヘルメット⑤リード工業 CROSS CR-760 ハーフヘルメット

エストレア(カワサキ250cc)のバイクであれば、250ccという事もありますが、高速走行を楽しむようなバイクでもないため、フルフェイスのようなハイスピード時でも頭がぐらつきにくく安定感があるヘルメットはあまり似合わないように思います。

フルフェイスではなく、着脱のしやすさや、通気性の良さなど手軽さのあるハーフヘルメットが似合うと思います。

 

おすすめは、リード工業のCROSS CR-760 ハーフヘルメットです。

このハーフヘルメットは、カラーが豊富なので、エストレアのバイクの色に合わせてヘルメットを選ぶことが出来ます。

特にラインの入った柄やアイボリー色はクラシックで渋く、エストレアのようなクラシカルなバイクにはとても相性がいいと思います。

ハーフヘルメットにはなりますが、被りやすさといいデザイン面といいエストレヤに合うヘルメットと言えます。

先ほどのMAGGY GG-2同様、厳密には取り締まりの対象になりますが、現実問題としてヘルメットを被ってさえいれば取り締まりを受けることは少ないでうなくで。

 

シールドは汎用のものを自由に変えることが出来ます。

シンプルにクリアでも良いですし、スモークスクリーンにすればカッコよく見えます。

ミラータイプなら視界はそのままに自分の顔を見られることもありません。

ヘルメットだけでなくシールドでも楽しめるのは良いですよね。

エストレヤヘルメットまとめ

  1. アライのS-70
  2. アライのクラシックエアー
  3. VERTEX GT751
  4. TNK工業 ハーフ型ヘルメット MAGGY GG-2 BIG SIZE
  5. リード工業 CROSS CR-760 ハーフヘルメット

今回はエストレヤにおすすめのヘルメットについてまとめました。

エストレヤ自体クラシックなバイクなので、ヘルメットもデザイン性が高いものが合いますね。

 

もちろん、ヘルメットは頭部を守るもの。

お洒落で気軽に被れると言っても半ヘルは個人的にはあまりおすすめしません。

どうしてもという方は自己責任でお願いします。

正しいバイクの売り方を知らないと人生損します

・・・と言ったら
「何を大袈裟な・・」
と思う方もいるかもしれません。

けど、これは紛れもない事実です。

僕は正しい売り方を知らず、
学生時代に3台売却して
15万円以上損してきました。

15万あればマフラーを買うことも出来たでしょう。

本当に大きな後悔です。
正しい売り方を知らなかった代償です。

その後バイク屋に就職して、
査定士として査定に携わることで
正しいバイクの売り方を覚えました。

バイクを高く売れれば、
欲しいパーツを買えます。

マフラーを変えたり、
ヘルメットを新調したり出来ます。

バイクを高く売るためには
正しい売り方を知ることが不可欠です。

逆に正しい売り方を知らないと
昔のこたろーのように大きく損します。

学生時代に3台買い叩かれて
15万以上損しながらも
査定士としての経験を経て
今では査定交渉の秘訣をお伝え
出来るようにまでなった過程は以下からどうぞ。

こたろープロフィール
元バイク屋こたろーのプロフィールですバイク屋の店員として1,000台以上買取してきた実績がありますが、学生時代は正しいバイクの売り方を知らなくて損ばかりしてきました。そんな元バイク屋こたろーのプロフィールです。...