雑記

原付バイクで40km/hで走っていたら捕まるのか?【スピード違反】

原付バイク40km_h

原付バイクで40km/hで走行していたら捕まるのか?

今回は原付の速度超過についてまとめていきます。

 

50ccのバイクでも大体60km/hまでは出ます。

ただ、日本の道路交通法では50ccは30km/h制限。

原付でフルスロットルで走行していればスピード違反の対象となります。

 

60km/hは分かるけど、40km/hぐらいでも捕まるの?

この疑問についての回答をまとめていきます。

原付速度違反罰則
原付の速度違反の罰則や罰金 原付の速度違反は何キロから? 速度違反した際の罰金や罰則を知りたい 今回は速度違反した際の罰金や罰則について...

原付バイクで40km/hで捕まるかは微妙なライン

結論から言うと、50ccの原付バイクは40km/hが一つの基準かなと思います。

 

50ccの原付バイクは30km/h制限です。

ですので、30km/hを1キロでも超過していれば違反の対象になります。

 

とはいえ、警察が速度超過で取り締まりをする際は一定の距離を追尾します。

一瞬速度超過しただけでは取り締まりが出来ません。

原付バイクの速度制限を1km/hでも超過すれば違反だが捕まる可能性は低い

また、30km/hを1キロ超過しただけの状態で取り締まるのは難しいです。

メーターも誤差がありますし、スロットルを握りが一定でも路面状況で速度は微妙に変化します。

 

「確実に超過している」と判断されやすいのが10km/h以上の超過です。

原付の場合は40km/hですね。

原付バイクで40km/hは捕まる可能性がある

今回は原付バイクは40km/で捕まるのかについてまとめました。

原付バイクの速度制限から10km/hの超過になるので捕まる可能性は十分あります。

 

日本の道路交通法ではなぜか原付は30km/h制限なんですよね。

逆に危ないんじゃないかと思ってしまうんですが、法律なので仕方ないでしょう。

 

どうしても30km/h制限が納得出来ない場合は50cc以上のバイクに乗った方が良いですね。

90ccとか125ccであれば30km/h制限はありません。

これだけでもストレス少なくバイクに乗ることが出来ます。

関連;90ccで人気のおすすめバイクやスクーター

 

 

 

とまぁ、40km/hでも捕まるかどうかを書いてきましたが、個人的な意見を。

どう考えても日本の行動で30km/hは逆に危ないです。

特に流れが速い国道や、信号が少ない道は尚更です。

 

一般の公道の速度制限と同じで良いんじゃないかなと思います。

個人的な話なんですけどね。

正しいバイクの売り方を知らないと人生損します

・・・と言ったら
「何を大袈裟な・・」
と思う方もいるかもしれません。

けど、これは紛れもない事実です。

僕は正しい売り方を知らず、
学生時代に3台売却して
15万円以上損してきました。

15万あればマフラーを買うことも出来たでしょう。

本当に大きな後悔です。
正しい売り方を知らなかった代償です。

その後バイク屋に就職して、
査定士として査定に携わることで
正しいバイクの売り方を覚えました。

バイクを高く売れれば、
欲しいパーツを買えます。

マフラーを変えたり、
ヘルメットを新調したり出来ます。

バイクを高く売るためには
正しい売り方を知ることが不可欠です。

逆に正しい売り方を知らないと
昔のこたろーのように大きく損します。

学生時代に3台買い叩かれて
15万以上損しながらも
査定士としての経験を経て
今では査定交渉の秘訣をお伝え
出来るようにまでなった過程は以下からどうぞ。

こたろープロフィール
元バイク屋こたろーのプロフィールですバイク屋の店員として1,000台以上買取してきた実績がありますが、学生時代は正しいバイクの売り方を知らなくて損ばかりしてきました。そんな元バイク屋こたろーのプロフィールです。...