雑記

原付の速度違反の罰則や罰金

原付速度違反罰則
  • 原付の速度違反は何キロから?
  • 速度違反した際の罰金や罰則を知りたい

今回は速度違反した際の罰金や罰則についてまとめていきます。

原付で捕まりたくない!という方の参考になれば幸いです。

関連;原付バイクが危ない・危険なワケ

原付の速度違反の基準

道路交通法施行令

(最高速度)
第十一条  法第二十二条第一項 の政令で定める最高速度(以下この条、次条及び第二十七条において「最高速度」という。)のうち、自動車及び原動機付自転車が高速自動車国道の本線車道(第二十七条の二に規定する本線車道を除く。次条第三項において同じ。)以外の道路を通行する場合の最高速度は、自動車にあつては六十キロメートル毎時、原動機付自転車にあつては三十キロメートル毎時とする。)

引用;原付の最高速度

原付は30km/hの速度制限があります。

30km/hを超えてしまうと、速度違反となります。

 

では、日本ではどれぐらいの罰金が課せられるのか?

これからまとめていきます。

原付の速度違反の罰則や罰金

交通違反の種類 点数 反則金
15km未満 1 6,000円
15km以上~20km未満 1 7,000円
20km以上~25km未満 2 10,000円
25km以上~30km未満 3 12,000円
30km以上~50km未満 6 簡易裁判で罰金決定(赤キップ)
50km以上~ 12

昨今の50ccの原付であれば60km/h以上出る車種は限られます。

一般道の制限速度と原付バイクの最高速度を考慮すると、30km/h以上の速度違反にはなりにくいですね。

(昨今の50ccの原付と書いたのは、2stでチャンバーを変えた原付だと最高速度が60km/h以上余裕で出るからです)

 

それでも25~30km/hの速度超過だと違反点数3点で12,000円の反則金となります。

結構痛いですね。

2回やってしまったら免停になります。

原付の速度違反の罰則や罰金まとめ

  • 原付は30km/h制限
  • 25~30km/hの速度超過で違反点数3点と12,000円の反則金

原付は制限速度が30km/hと一般のバイクや自動車と比べても厳しいです。

広い国道で流れに乗って走っているだけでも速度超過になります。

60km/hで流れているところを30km/hで走るのは逆に危ない気もしますが、日本の法律では仕方がないんですよね。

こればっかりは道路交通法の改正を待つしかないです。

 

反則切符を切られて嬉しい人はいないと思うんで、原付に乗る際は速度超過には十分注意しましょう。

関連;原付バイクで40km/hで走っていたら捕まるのか?【スピード違反】

正しいバイクの売り方を知らないと人生損します

・・・と言ったら
「何を大袈裟な・・」
と思う方もいるかもしれません。

けど、これは紛れもない事実です。

僕は正しい売り方を知らず、
学生時代に3台売却して
15万円以上損してきました。

15万あればマフラーを買うことも出来たでしょう。

本当に大きな後悔です。
正しい売り方を知らなかった代償です。

その後バイク屋に就職して、
査定士として査定に携わることで
正しいバイクの売り方を覚えました。

バイクを高く売れれば、
欲しいパーツを買えます。

マフラーを変えたり、
ヘルメットを新調したり出来ます。

バイクを高く売るためには
正しい売り方を知ることが不可欠です。

逆に正しい売り方を知らないと
昔のこたろーのように大きく損します。

学生時代に3台買い叩かれて
15万以上損しながらも
査定士としての経験を経て
今では査定交渉の秘訣をお伝え
出来るようにまでなった過程は以下からどうぞ。

こたろープロフィール
元バイク屋こたろーのプロフィールですバイク屋の店員として1,000台以上買取してきた実績がありますが、学生時代は正しいバイクの売り方を知らなくて損ばかりしてきました。そんな元バイク屋こたろーのプロフィールです。...