雑記

ハーレーの故障が多いのか?事例や理由をまとめてみた

ハーレー故障
  • ハーレーの故障事例ってなんなのか?
  • 壊れやすい部分はどこ?

初めてのハーレー。

ハーレーは外車だし壊れやすいって聞くけど本当なんだろうか?

ハーレー=壊れやすいと思う方もいるかと思います。

 

ぶっちゃけ、バイク屋で働いていてもハーレーの故障事例は結構ありますね。

今回はハーレーで故障しやすい部分について実例をいくつか集めたのでご紹介していきます。

ハーレー新車値段高い
ハーレーは値段が高い?相場や金額についてまとめてみた ハーレーはなぜ値段が高いのか? 新車の相場はどれぐらい? ハーレーに憧れる人は多いですが、なかなか手が出ない...

ハーレーの故障の事例

  1. クラッチやミッション
  2. キャブレター(スロー調整)
  3. レギュレーター
  4. プラグコード

ハーレーの故障の事例①故障箇所;クラッチやミッション

  • スポーツスター XL883N
  • 2014年式
  • 故障箇所;クラッチやミッション

故障の経緯は、クラッチで、クラッチが滑っている状態で少し走行していたら、そのままミッションのほうまで損傷したことがあります。

といいますのも、あたりに修理工場などが無い場所で立ち往生はかなわないということでそのまま走行するしかないと踏んだら、ミッションのほうまで壊れ、ギアの変則ができなくなり、変速せずに走行して何とか自力で修理工場まで行けたことならあります。

ちなみに修理代金は、クラッチとミッションの全交換で50万円になりました。

 

なお、嫌な気分になったのがたった一つのベアリング、それも原価で言えば、500円もするかしないかわからないようなものが壊れたことです。

クラッチが切り替わらなくなりそのまま、ミッションに負荷がかかり損傷となり、全部の費用が50万ということでした。

 

なお、修理していまだ大丈夫なんですが、交換のベアリングだけは一応応急修理可能な様にと思い、未だこのバイクに乗る場合は手元に持っており、メンテンナンスツールもバイクのツーリングバッグ内に装備しています。

このケースは、私の考えが悪い部分があり、走行できると思い、走行したが故に起きた問題でまだ大丈夫だろうという考え方がいけなかったのです。

つまり、バイクのエンジンのパワーを考えればわかることなんですが、それを考えずに運転したがゆえ起きた悲劇です。

切り替えれなくなった際のミッションのギア数が小さければまだクラッチだけの交換だったのかもしれないです。

ハーレーの故障の事例②故障箇所;キャブレター(スロー調整)

  • スポーツスター1200
  • 2002年式
  • 故障箇所;キャブレター(スロー調整)

ハレースポーツスター1200ccに乗っていました。

ある日、エンジン始動しようと思いスターターボタンを押してエンジンをかけました。

エンジンはかかりましたが、アイドリングが速くなったり遅くなったりと不安定になりました。

乗っていたスポーツスター1200はキャブレター仕様でした。

エアクリーナーとキャブレターの間に、「スロー」を調整するための「ダイヤル」がついていました。

これを回すと、アイドリングのスピードが速くなったり遅くなったりの調整ができます。

 

他に「チョークノブ」もありますが、こちらは冬季の暖気の時などに使うもので燃料の濃さが調整できるようです。

それとは別のアイドリング調整ダイヤルです。
このダイヤルを調整すればたいていのアイドリングの不調は直るのですが、調整のために回していると、ダイヤルから先のキャブレター側からダイヤルで調整するワイヤーが抜けてしまいました。アイドリングの調整ができなくなってしまいました。

 

その後、バイクを購入したディーラーに持っていきバイクを預けることになりました。

後日、修理金額の連絡が来ました。30万円弱でした。

ダイヤルワイヤーの修理作業で30万円弱です。さすがに高すぎるので、バイクを手放すことにしました。

 

3年程度乗っていましたが、楽しかったバイクだけにこのような別れは残念でなりませんでした。

ハーレーの故障の事例③故障箇所;レギュレーター

  • ダイナローライダー FXDL
  • 2011年
  • 故障箇所;レギュレーター

夏とかにもツーリングで乗っていたので排熱関係の問題があり、レギュレーター部分の冷却がうまくいかず故障したと感じていて、長く乗っていたものとなっていたのでレギュレーターにも大きなダメージがあったのかと思います。

ツーリングは定期的にしていて、メンテナンスとかもできる限りやっていたのですが、レギュレーターの部分は見落としていて油断していた部分もあったのです。

キャブやエンジンなどはダメージを受けておりませんでしたが、レギュレーターの部分がやられてしまい、かなりへこんだことを覚えております。

整備もかねてバイク屋に出していたりしていて、レギュレーターの部分も見てもらっておりましたが、急に故障をしてしまうんだなと思い、暑い日のツーリングはやめておいたほうが良かったと感じています。

乗っていたものは既に手放しておりますが、レギュレーター関係の故障は大きな負担がかかり修理も費用が必要となってきてしまうので、乗るバイクのグレードをダウンさせて今はツーリングを楽しんでおります。

ハーレー関係のレギュレーターの故障は致命的な部分もあり、ここがやられてしまうと一切動かなくなってしまい修理に出すにしても、それなりに期間が必要となってきます。

ハーレーの故障の事例④故障箇所;プラグコード

  • XG750 ストリート750
  • 2015年式
  • 故障箇所;プラグコード

誰もが知っているハーレーを新車ではなく中古で手に入れただけに、やはり故障が後をたたないといいます。

実際にハーレーを購入した後の故障・トラブルについては見えない部分が多いみたいでした。

 

例えば、プラグ関連のトラブルです。

最新のハーレーには関係ないみたいですが、古いハーレーだと多いトラブルです。

信号待ちで徐々にアイドリングが弱くなる傾向がありました。

 

修理工場に持っていくと、いつもとアイドルスクリューの固定位置が異なっていた話しを聞きました。

その後も、プラグが真っ黒になっていて、燃料系トラブルなのかと思ったらしいですが、走行中にアフターファイアーが出たらしく、点火系トラブルを疑った様子でした。

修理工場に持っていったら、プラグからの火花をチェックしてもらったようでした。

プラグコードに触れたら、プラグコードの緩さが見て取れたようです。

 

走行中の振動によって抜けかかっていたことが原因だったらしく、こう何度も修理が必要になれば、次回は手放すことを考えたいとも口にしていました。

カッコよさだけで選ぶのではなく、年式や機能性をしっかり確認し、メンテナンスしながら乗ることが大事だと話していました。

ハーレーの故障の事例まとめ

  1. クラッチやミッション
  2. キャブレター(スロー調整)
  3. レギュレーター
  4. プラグコード

ハーレーの実際の故障事例を提供頂いた情報を元にまとめました。

ハーレーは部品代も工賃も高いです。

ちょっとした部品が壊れてしまったが故に何万の整備代になってしまうことがあります。

高額な修理代が支払えずに、泣く泣くハーレーを手放す方も何人か見ることも。

 

ハーレーに限らずですが、日頃のメンテナンスをしっかりして、少しでもトラブルを避けれるようにすることが大事です。

法定点検や車検を信頼出来る店舗でしっかり受けるだけでも安心感が違いますよ。

ハーレー維持出来ない
ハーレーが維持できない… ハーレーの維持費が高い 修理代が嵩んで整備代が捻出出来ない ローンがきつい 憧れのハーレーを手にしたけ...

ハーレーの故障の修理が難しい場合は買取もアリ

ハーレーが壊れてしまったけど修理代が嵩む。

という場合は手放してしまうのもありです。

故障部位によっては走行が難しいケースも多いので自宅まで来てくれる買取業者がおすすめです。

ハーレーの買取でおすすめなのはバイク王です。

  • 業界最大手で買取金額も高い
  • 豊富な販路が買取金額を後押し
  • 無料お試し査定。断るのも無料

バイク王は断るのも無料なので査定金額を聞いてから判断ということもOK。

査定を受けるのも断るのも無料。

 

まずはバイク王で買取金額を聞いてみて、その後売却するのか、修理するのか検討するのもアリです。

バイク買取業者おすすめ1位 バイク王

バイク王買取買取業者の中では堂々の第1位の買取実績で、80%以上のシェアを持っています。こたろー自身も幾度となく競合してきました。査定件数が多いのは間違い無いです。

お客様対応満足度も93%と買取実績だけでなく接客対応も良いのが特徴です。

日本全国に拠点を構えており、地方都市でも安心して出張査定が受けられます。

買取したバイクを資本提携のある業者オークションや、ダイレクトショップに出す事で、多岐に渡る販売ルートを確保。現金化の速度が早く、買取金額にも反映しています。

国産車~外車だけでなく、事故車や放置車両の買取も得意!幅広い車種で高額査定を実現しています。

2~3社競合させる場合に必ず呼びたい業者です!

無料お試しオンライン査定が出来るのも魅力的!

オススメ度
強み 業界1位の知名度と実績
良さ 無料オンライン査定で買取相場を知れる
得意なバイク 国産から外車、カスタム車まで幅広く得意!

評判詳細バイク王

正しいバイクの売り方を知らないと人生損します

・・・と言ったら
「何を大袈裟な・・」
と思う方もいるかもしれません。

けど、これは紛れもない事実です。

僕は正しい売り方を知らず、
学生時代に3台売却して
15万円以上損してきました。

15万あればマフラーを買うことも出来たでしょう。

本当に大きな後悔です。
正しい売り方を知らなかった代償です。

その後バイク屋に就職して、
査定士として査定に携わることで
正しいバイクの売り方を覚えました。

バイクを高く売れれば、
欲しいパーツを買えます。

マフラーを変えたり、
ヘルメットを新調したり出来ます。

バイクを高く売るためには
正しい売り方を知ることが不可欠です。

逆に正しい売り方を知らないと
昔のこたろーのように大きく損します。

学生時代に3台買い叩かれて
15万以上損しながらも
査定士としての経験を経て
今では査定交渉の秘訣をお伝え
出来るようにまでなった過程は以下からどうぞ。

こたろープロフィール
元バイク屋こたろーのプロフィールですバイク屋の店員として1,000台以上買取してきた実績がありますが、学生時代は正しいバイクの売り方を知らなくて損ばかりしてきました。そんな元バイク屋こたろーのプロフィールです。...