雑記

モンキー 125に似合うヘルメット5選

モンキー125ヘルメット

モンキー125に似合うヘルメットってあるかな?

今回はモンキー125に似合うヘルメットについて解説していきます。

 

モンキーは元々50ccで、2017年に生産が終わりました。

翌年の2018年、排ガス規制をクリアしてモンキー125が新たに登場。

元々たくさん流通していたバイクの再登場とあって、よく売れています。

 

モンキーに乗るのは良いけど、ヘルメット選びで迷っている方いますよね?

という訳で今回はモンキー125のヘルメット選びについて、実際の評判を集めました。

ヘルメット選びの参考になること間違いありません。

 

この記事がモンキー125のヘルメット選びの参考になれば幸いです。

モンキー125に似合うヘルメット5選

  1. OGKカブト AEROBLADE-5R SM-1
  2. OGKカブト システム RYUKI
  3. アライ ペドロサ侍スピリット
  4. ホンダ 20年新カラー版 Monkey ヘルメット
  5. アライ ラパイドネオ

モンキー125に似合うヘルメット①OGKカブト AEROBLADE-5R SM-1

  • OGKカブト
  • AEROBLADE-5R SM-1

格好良くバランスがしっかり整っており、バランスも全てが良い感じで、軽量さや快適さなどはとても抜群に優れているところなどを含めて、お勧めできると確信しました。

構造解析で差別化し、安全性や首への負担をあらゆる角度から軽減しています。

エアロフォルムを搭載し、横風などの風を低滅させたり、長時間の走行運転の疲労感をやわらげたりの工夫がとてもされているところがとても良い点です。

 

ヘルメットにも、大型バーがあってグローブを装着したままでも閉鎖が出来たりの一押し工夫が施されていたり、静粛性があってとても充実感があります。

又エアコントロールによって、メガネの曇りや、息苦しさなどを更に度低滅させる働きを持っていたり、気流などを常にコントロールする役目をしっかり持っており、システムが搭載しています。

 

耳元がゆったりできて軽量コンパクトな構造は助かりますね。

ここまでの完璧な出来は、まさしくここがいいという自信が付きまた更に安全性なども神そろえてあるので、すごく使いたくなるヘルメットの存在に大きく心が揺さぶられます。

モンキー125に似合うヘルメット②OGKカブト システム RYUKI

  • OGKカブト
  • システム RYUKI

ヘルメットの構造自体がまず格好いいという点、またシルバーやブルーミラーがかみそろって紫外線から、目の保持UVカットシールドで、曇りを抑え、専用ピンが装着されて、ピンロックシートがあったりなどかなり優れている点がとても良いです。

台風や雨などのコンディションが良くないときでも、不安感がない所がまた魅力でもあります。

前方がしっかり見える点がとても大事なところもありますので、とても重要点ではないかと思います。

また眼鏡やサングラスをスムーズにかけることができるチークパッドを搭載している為、メガネなどを利用している方にも安心。

熱可塑性プラスチック製、走行中の発生する帽体付近気圧コントロールし、負荷を軽減します。

 

また、空気をヘルメット内部に取り入れるシャッター機能付きでもあり、チンカバー部分が開閉できる最適システムが搭載されていたり、内部にこもった熱気を外部へ排出するベンチレーションや、レバーを引くだけでシールドが外せるスピーディなシールド交換ができるなどあらゆる搭載がイチオシでとても、満載過ぎてつかみどころが多く欠かせない存在でもあります。

内装中身が取り外し可能でもあり、手洗いや洗濯もできる気軽さはとても嬉しい利点です。

清潔感がとても保てる点など長くこよなく安心して使え、バイクとともに愛せそうです。

モンキー125に似合うヘルメット③アライ ペドロサ侍スピリット

  • アライ
  • ペドロサ侍スピリット

とてもアライの製品は、デザインがとても優れており、このヘルメットのデザインもすごくユニークさがあって、とてもバイクに調和できる感じではないかと思いました。

衝撃の衝撃の吸収性はアライが特に洗練されているのと、かわす性能も重視しており、パイオニア的この存在はとてもかかせません。

高い衝撃吸収性、小さなことでも見つめなおし、改善に努めるこの仕組みは一貫性があります。

守りの強化に徹底していることから安心して、歴史生き様アライの何かが違うその仕組みを誰にも負けない向上制や、可能な限り守り続ける環境の全てであるからこそ、今のこのヘルメットがどんどん益々維持しているものだと確信しています。

 

デザインだけではなく、しっかりした構造の中で、信念で取り組むこの1つ1つのヘルメットにはそれなりのこだわりもあって、世界中の方々からも厚く信頼されていることもあります。

よりこのヘルメットがモンキーに合っているのではないかと感じました。

 

滑って、衝撃を受けるフォルムを維持し、頑固なジェルや、発泡ライナなどの一貫性の取り組みを続けている、開発や目覚ましいヘルメットととも言えるでしょう。

モンキー125に似合うヘルメット④ホンダ 20年新カラー版 Monkey ヘルメット

  • ホンダ
  • 20年新カラー版 Monkey ヘルメット

やはり同じホンダなら、ヘルメットもホンダかなと感じます。

とても渋いバイクだからこそヘルメットもそこそこ渋めに、またカジュアルっぽい感じがまた特徴的でもあって、その点このヘルメットでしたらかなりバイクとバランスや調和もできており、決まった感じがとてもいいと感じました。

 

新カラーが登場し、さらに後頭部やサイド部分Monkeyロゴをデザインしたことによって、この人気はまだこれからという感じもあります。

その点ではとても似あっていると感じました。又赤と黒との色のバランスがまたよく、モンキーの可愛さからゆえに愛嬌があってとても、かわいいイメージもあるため、これからもこの上なく愛されるキャラかなという感じもしてなりません。

 

フロント全面部分もしっかり装備した形で、雨などの曇りなどをシャットアウトし大好きなバイクと共に、一緒にいつでも軽やかにこんなにかわいいキャラで、ウキウキワクワクする気分でどこまでも一緒に乗っていきたい気分になります。

とても明るい感じのキャラがとても好ましく、皆からも注目されそうな勢いがあるほど素敵です。

そのままバイクにちなんでできたヘルメットという感じで、ずっと手放せない存在になりそうです。

モンキー125に似合うヘルメット⑤Arai ラパイドネオ

  • アライ
  • ラパイドネオ

ラパイドネオはAraiで作られているフルフェイス型のヘルメットです。

モンキー125はおしゃれで人気のある小型バイクになります。

小型バイクなのでジェットタイプや半帽タイプのヘルメットでちょっとおしゃれに決めたいというところもあります。

 

バイク自体も先代と比べ大型化しましたが、全体的にコンパクトにまとめられた印象です。

街中でおしゃれに乗って楽しみたいバイクになると思います。

 

しかし、小型バイクとはいえ125㏄あるので公道では高速などの自動車道を除き普通に走ることができるバイクになります。

自分がいくら気を付けていても巻き添えを食う形で交通事故に巻き込まれる可能性もあります。

 

また、転倒などもバイクなので起こる可能性は十分あります。

なので、フルフェイスを被るのは安全面を考えると必要であるかと思います。

近年はshoeiのグラムスターや、EX-ゼロなどネオクラシックなヘルメットのデザインも多く出てきました。

Araiのラパイドネオはネオクラシックのデザインです。

空調機能もしっかりしているし帽体もかなり軽いです。

 

また、Araiのヘルメットは帽体が小さく作られているのでマッチ棒のようなイメージはありません。

安全でおしゃれなヘルメットであると思います。

モンキー125に似合うヘルメットまとめ

  1. OGKカブト AEROBLADE-5R SM-1
  2. OGKカブト システム RYUKI
  3. アライ ペドロサ侍スピリット
  4. ホンダ 20年新カラー版 Monkey ヘルメット
  5. アライ ラパイドネオ

モンキー125に似合うヘルメットをまとめました。

125ccなので半ヘルでも良いのですが、安全性を考えればフルフェイスやジェットヘルの方が無難でしょう。

 

モンキー125の車体が特徴的でおしゃれなので、ヘルメットにはこだわりたいですよね。

この記事の実際の評判がヘルメット選びの参考になれば幸いです。

正しいバイクの売り方を知らないと人生損します

・・・と言ったら
「何を大袈裟な・・」
と思う方もいるかもしれません。

けど、これは紛れもない事実です。

僕は正しい売り方を知らず、
学生時代に3台売却して
15万円以上損してきました。

15万あればマフラーを買うことも出来たでしょう。

本当に大きな後悔です。
正しい売り方を知らなかった代償です。

その後バイク屋に就職して、
査定士として査定に携わることで
正しいバイクの売り方を覚えました。

バイクを高く売れれば、
欲しいパーツを買えます。

マフラーを変えたり、
ヘルメットを新調したり出来ます。

バイクを高く売るためには
正しい売り方を知ることが不可欠です。

逆に正しい売り方を知らないと
昔のこたろーのように大きく損します。

学生時代に3台買い叩かれて
15万以上損しながらも
査定士としての経験を経て
今では査定交渉の秘訣をお伝え
出来るようにまでなった過程は以下からどうぞ。

こたろープロフィール
元バイク屋こたろーのプロフィールですバイク屋の店員として1,000台以上買取してきた実績がありますが、学生時代は正しいバイクの売り方を知らなくて損ばかりしてきました。そんな元バイク屋こたろーのプロフィールです。...