MENU
バイクを売るなら...

レッドバロンの委託販売は高く売ることが出来る?

だめろー

レッドバロンって委託販売やっているの?

そうま

やっているよ!詳しくは知人のレッドバロン社員に聞いてみるね。

レッドバロン社員

よろしく!

そうま

今回はレッドバロンの委託販売についてまとめていきます。

目次

レッドバロンとは?

沖縄県を除く全国に店舗を展開している最大手のバイク販売店です。

全国に306店舗(2022年11月現在)展開しています。

レッドバロンの委託販売とは?

レッドバロン社員

一定期間バイクを預かって次の売り主を探す制度です。販売を委託するから委託販売。

そうま

レッドバロンに限らず委託販売をやっているショップはよくあるね!

自分のバイクを店舗に並べてみて、次のオーナーが決まったら買取代金を支払うシステムです。

レッドバロン社員

次のオーナーが決まるまでは代金が支払われないのでレッドバロンとしても買取ったバイクが長く在庫として残ってしまうリスクを防げる。

そうま

間違い無い!

そうま

ちなみに一定期間ていうのはどれぐらい?

レッドバロン社員

基本は1ヶ月。それで売れなければ通常の買取にするか、更に延長するかは相談して決める感じかな。

レッドバロンの委託販売の流れ

レッドバロン社員

査定金額を出す所まではレッドバロンの通常の査定と同じ流れです。

STEP
査定依頼

通常と同じくまずは査定

STEP
査定金額を出す

査定結果が出ます。その後どうするのかは要相談

STEP
通常の買取にするか、委託にするのかを選択

その場で売却してすぐに現金を受け取るか、少しでも高く売れる委託販売を選択するか選ぶ

STEP
委託中に売れれば売買成立 売れなければ元の買取金額で買取or返却or延長

委託期間中に売れれば元の金額で売れる。売れない場合は元の金額で買取するか返却するか選べる。

相談で延長も可能な場合も。

そうま

委託で売れなかった場合でも選択肢があるんだね。

レッドバロン社員

そうだね、最悪返却する事も出来るね。

レッドバロンの委託販売では次のユーザーが決まらずに委託期間が経過した場合は返却してもらう事も出来る。

レッドバロンの委託販売で売れやすい傾向のバイク

レッドバロンの委託販売で売れやすいバイク
  • 希少性の高いバイク
  • 高年式(年式の新しい)のバイク
  • 外装状態が良いバイク
レッドバロン社員

ザックリ言うと、希少な上に需要があるバイクは売れやすい!

レッドバロンの委託販売で売れにくい傾向のバイク

レッドバロンの委託販売で売れにくいバイク
  • 流通量が多いバイク
  • 外装状態が悪いバイク
  • 走行距離が多い
レッドバロン社員

ザックリ言うと、どこにでも売っているようなバイクだと売れにくいね。

そうま

なるほどね! 廃車になりそうなボロボロバイクとかは無理だね。

レッドバロンの委託販売のメリット4点

レッドバロンの委託販売のメリット4点
  1. バイクを高く売る事が出来る可能性がある
  2. レッドバロン側のリスクが少ないから高く売れる可能性も
  3. イントラネット検索システムで全国の店舗で販売の可能性がある
  4. チラシに載せて貰えることも

①バイクを高く売る事が出来る可能性がある

レッドバロン社員

委託販売のメリットはココでしょう!

委託販売を活用する事で、バイクを高く売れる可能性が高まります。

もちろん、次のオーナーが決まるかどうかは実際に店頭に並べてみないと分かりませんが、高く売れる可能性があるという事は間違い無いです。

レッドバロン社員

これが委託販売の最大のメリットです。

②レッドバロン側のリスクが少ないから高く売れる可能性も

次のオーナーが決まってから代金を支払う流れなので、レッドバロンとしても高く買取ったバイクが長く在庫として残ってしまうリスクを防げます。

レッドバロン社員

高値で買取ったバイクが長期間在庫として残ってしまうリスクを防げるのは有り難い。

③イントラネット検索システムで全国の店舗で販売の可能性がある

レッドバロンでは買取ったバイクは自社のイントラネット検索システムに載ります。

レッドバロン社員

買取ったバイクを全国の店舗で販売出来るようになります!

バイク販売の業界1位の販売力があるので、委託販売で預けた車両が売れる確率も高まります。

そうま

委託販売で預けた店舗で売れなくとも、他の店舗で売れる可能性があるのは魅力的だね!

④チラシに載せて貰えることも

レッドバロンでは各店で在庫が載ったチラシを定期的に撒いていますが、

そのチラシに載せて貰えることがあります。

そうま

チラシには必ず載せて貰えるの?

レッドバロン社員

いやー、そこは店長がどのバイクをチラシに載せるか判断するから必ずではないかな。

もちろんチラシに載ることが出来れば、チラシを見て来店される方も増えてくるので、より委託販売で預けた車両が売れやすくなります。

レッドバロンの委託販売のデメリット6点

レッドバロン社員

もちろん、メリットばかりでは無いです。

レッドバロンの委託販売のデメリット6点

①必ず売れるとは限らない
②委託販売で依頼した金額が必ずしも高い訳では無い
③他のお客さんが触ったり跨がったりする
④返却の場合、預かった期間に発生した不調は自己負担
⑤委託期間終了する頃には心境が変化しやすい
⑥委託で預けてしまうと競合させられない

①必ず売れるとは限らない

レッドバロン社員

もちろん、委託販売で必ず売れる保証はありません。

委託販売は、次のオーナーが決まってから初めて買取代金が振り込まれます。

逆に次のオーナーが決まらなければ、通常での買取か、期間を延長するかになります。

レッドバロン社員

レッドバロン側からしてもずっと預かるわけにはいかないからね。

そうま

そうだろうね。

委託販売は次のオーナーが決まらないと代金が手に入らないので、お金を急いでいる方には向きません。

レッドバロン社員

通常の買取なら、翌日(土日祝除く)には代金が振り込まれるので急いでいる方は通常の買取がいいね。

②委託販売で依頼した金額が必ずしも高い訳では無い

委託販売のメリットは通常より高い金額で売れる可能性がある所ですが、そもそもの委託金額が安い場合もあります。

そうま

レッドバロンに委託を依頼したから必ず高い金額になっているとは限らないのね。

レッドバロン社員

そうだね。自分のバイクの買取相場を把握出来ていない方だと、安い金額で設定する場合も多いかな。

そうま

ちなみに、委託金額ってどのように決まるの?

レッドバロン社員

基本的にはその店の店長次第だけど、査定の結果と、店側の要望、売り主側の希望金額を摺り合せて決めることが多いかな。

そうま

せっかく委託販売したのに元々の金額が安かったら委託する意味無いね。

③他のお客さんが触ったり跨がったりする

レッドバロン社員

委託販売で預かった車両はその店舗に在庫として並びます。

委託販売で預かった車両は洗車してその店舗に並べるので、他のお客様が跨がったり、触ったりします。

自分のバイクを人に触られるのが嫌な方は向かないかも。


委託で売れなかった場合でも通常の買取で100%売る気満々の場合は良いかもしれませんが、返却も視野に入れている場合はオススメ出来ません。

④返却の場合、預かった期間に発生した不調は自己負担

委託期間中は店舗に在庫として並べますが、整備をする訳ではありません。

レッドバロン社員

委託期間中にバッテリーが上がったり、オイルが漏れた場合は保証出来ないですね。

そうま

そうなんだね。バイクは置いておくだけでも不調になることあるからね。

レッドバロン社員

間違い無い。委託期間中は、まだ名義はお客様のままなので、委託期間中に発生した不調は自己負担になるね。

そうま

それは怖いけど、仕方ないのか・・。

こちらも委託販売で売れなくても、通常の買取で100%売る気満々の場合は良いかもしれませんが、返却も視野に入れている場合はオススメ出来ません。

⑤委託期間終了する頃には心境が変化しやすい

レッドバロン社員

これ、一番の注意点かも。

そうま

そうなんだ!

委託期間は1ヶ月ですが、1ヶ月経つ頃には心境が変化しやすいです。

委託で売れたら、50万!通常の買取なら45万という査定結果のお客様がいました。

絶対50万!50万以下なら売らない。50万以下なら返却してもらう!!

・・・。

でも1ヶ月後に結局売れなくて、45万の買取金額になってしまう訳ですが・・

まぁ、45万でいいです。

となりやすいのが委託販売の特徴です。

人間、期間が経過すると関心が薄れたり、面倒くさくなるんですよね。

バイクが手元に無くなる訳なので尚更です。

レッドバロン社員

でも、その心境の変化を狙っているのが委託販売の仕組みです!!

そうま

確かに、面倒くさくなりがちだよね。

委託販売という、一見高く売れそうな仕組みを利用したけど、実は時間も手間も掛けて苦労した割には結局安く売ってしまったという事もあり得ます。

⑥委託で預けてしまうと競合させられない

バイクを高く売るためには2~3社競合させる事が重要ですが、

委託販売で車両を預けてしまうと、競合させる事が出来ません。

そうま

確かにレッドバロンにバイクを預けてしまうと競合が出来ない。

レッドバロン社員

そう!それ、実はレッドバロン側の狙いだったりする。

そうま

そうなんだね。バイクを高く売るためには競合させる事が重要です。レッドバロンとバイク王で比較した場合については以下にまとめています。

ぶっちゃけ、委託販売って売れるの?

そうま

ちなみに委託販売期間に売れる事ってどれぐらいの割合かな?

レッドバロン社員

うーん、答えにくい質問だね(笑)車種や時期によるけど、30~50%ぐらいじゃない??

[chat face=”9こた?.png” name=”そうま” align=”left” border=”gray” bg=”none”] [/chat]

そうま

そうなんだね。意外に厳しい数字。

そうま

次のオーナーが決まらないと代金が手に入らないから、お金を急いでいる方には向かないね。

レッドバロン社員

そうなるね。

レッドバロンの委託販売は期間中に売れる可能性は30~50%程。必ず売れる保証はないので、代金を急ぐ方には向かないです。

時間を急がない方はレッドバロンで委託販売するのも良い

レッドバロン社員

レッドバロンの委託販売はメリット、デメリット両方ともあるので、よく吟味して欲しいかな。

レッドバロンの委託販売のメリット4点
  1. バイクを高く売る事が出来る可能性がある
  2. レッドバロン側のリスクが少ないから高く売れる可能性も
  3. イントラネット検索システムで全国の店舗で販売の可能性がある
  4. チラシに載せて貰えることも
レッドバロンの委託販売のデメリット6点
  1. 必ず売れるとは限らない
  2. 委託販売で依頼した金額が必ずしも高い訳では無い
  3. 他のお客さんが触ったり跨がったりする
  4. 返却の場合、預かった期間に発生した不調は自己負担
  5. 委託期間終了する頃には心境が変化しやすい
  6. 委託で預けてしまうと競合させられない

通常より高く売れる可能性がある半面、必ず売れる保証がなかったり、委託販売を依頼した金額が実は安かったり、時間が経過する事で心境の変化が起こったりなど、罠も多いのが委託販売のデメリットです。

そうま

時間掛かってもいいから高く売れる可能性があるなら試したい方には良いね!

レッドバロン社員

間違い無い。

そうま

逆に時間も手間も掛けて高く売れない可能性があるから注意が必要だね。

以上がレッドバロンの委託販売に関するまとめでした。

そうま

委託販売に限らず、通常の買取を依頼したい場合は以下のページを参考にして頂ければと・・。

委託販売とか、なんだか面倒くさそうだなという方は、複数の業者で競合させて一番高い所に売るのがオススメです。

もちろんレッドバロンに査定を依頼するのも良いですが、出張査定に対応していないので、複数の業者で競合させるのが難しかったりします。


レッドバロンにおすすめの競合先はバイク王

バイク王はレッドバロンと違い自宅まで無料出張査定に来てくれます。

バイクを高く売るためには競合させることが重要です。

バイク王は累計200万台以上の買取実績がある最大手の買取業者なのでレッドバロンの競合先としては最もおすすめと言えます。

まずはバイク王の無料お試し査定を受けてみて、次にレッドバロンの査定や委託販売を検討するのが最もスムーズで高く売れる可能性が高い方法です。

\ 査定だけも可能 /

おすすめ買取業者

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次