雑記

ビーノに似合うヘルメット5選

ビーノヘルメット
  • ビーノに似合うヘルメットは何?
  • せっかくビーノになるなら可愛いヘルメットが良い

ビーノといえばヤマハの50ccスクーター。

丸みを帯びたフォルムが特徴で、女性に人気の原付です。

ビーノに似合うヘルメットはどれなのか?

実際の口コミや評判をたくさん集めたので公開していきます。

ビーノに似合うヘルメット6選

  1. スモールジョン スモールジェットヘルメットバブルシールドハッピーフラワーアイボリー
  2. ヒートグループ Brighton Traditional HELMET IVOLY WT-01IVO
  3. BUCO BUCO IVORY
  4. リード工業 BARTON BC-10 ジェットヘルメット
  5. ワイズギア SF-7 ZENITH Lea Winds
  6. リード工業(LEAD) RX-200R オレンジ(フルフェイス)

ビーノヘルメット①スモールジョン スモールジェットヘルメットバブルシールドハッピーフラワーアイボリー

  • スモールジョン
  • スモールジェットヘルメットバブルシールドハッピーフラワーアイボリー

とてもかわいいバイクで、どちらかと言えば女の子向けのような感じでとてもかわいいバイクではないかと思います。

その中で色も素敵でヘルメットはこのアイボリー系党がまさしくもっとかわいさを醸しだしている感じでもあり、デザインもよりかわいく本当に両方に似合っている感じでとてもうきうきするような感じであります。

なるべくしっかりしたすっぽりかぶりやすい軽い感じがいい所や、中がクッション式でとてもかぶりやすい系統やワンタッチバックルで超硬質加工で、さらにUVカットもさらにされ厳選しているかなりの優れものという感じがしました。

 

バイクがとても丸みを帯びて結構乗りやすい点もあるからか、ヘルメットともよりかわいく決めていくとなんだか気分が明るくなった感じがしてなりません。

特にアイボリーはとてもきれいに見えるし、お花模様などはとてもリラックスできてバイクもそんな感じですので、乗っている自分の気持ちを表現を打ち出しているかのような気がしてなりません。

 

とても安定感とバランスが整っているのでこのヘルメットでいつでもお出かけしたく、更に遠出までしたくなる気分にもなるかもしれません。

それほどあまりにもかわいすぎて、色んな方に進めたいです。

ビーノヘルメット②ヒートグループ Brighton Traditional HELMET IVOLY WT-01IVO

  • ヒートグループ
  • Brighton Traditional HELMET IVOLY WT-01IVO

 

このヘルメットの魅力をざっとまとめます。

  • 業界初シールドステッチの入ったモールがスタイリッシュさ
  • ヘルメットの密着度も高く風の侵入を防げる
  • 透過率90%のスーパーライトスモークを装着
  • 品質と質感に拘り抜いたとても優れたヘルメットでまさにアイボリーなどの色も調合いがとてもきれいで映える点
  • 長時間乗車をしてもとてもライトな感覚
  • 疲れがあまり出ない感触感
  • シールドの閉鎖機能も固く調整出来る
  • ワンタッチ式で、ひもの横滑りで簡単に外せる
  • シールドに縫い込んだモールステッチが安全性とバランス感覚をより充実させている点
  • チークパットも取り外し可能
  • 清潔感をたもてるという点ではかなりの又群を抜いている場面も多い

箇条書きになりますが、これだけの魅力が詰まっているヘルメットです。

 

ここまでしっかりし自分でも調整出来たり、簡単に出来る点ですと本当に自然さがゆえに、いつでもバイクとともに一緒に長時間乗っていたい気分にもなります。

雨の日なども撥水しより前方がより見やすく妨ぐこともないため、より身近で親近感が持てます。

ビーノヘルメット③BUCO BUCO IVORY

  • BUCO
  • BUCO IVORY

このヘルメットはビンテージヘルメットというタイプのもので、シンプルながら割と自由が利くヘルメットで、ヘルメット部のバイザーを取り付けずとも、ゴーグルを取り付けて使用することもでき、おしゃれなヘルメットです。

しかもこのヘルメット、復刻型の安価なヴィンテージモデルなど様々なモデルがあり、女性用男性用問わず利用可能です。

男性であれば、バイザーを取り付けてもよいですし、おしゃれなゴーグルを取りつけて走行時にはゴーグルを下ろして疾走するというスタイルが取れます。

 

なお、このヘルメットは、花粉症の方においてもおすすめで割とゆったりしているうえ、バイザーを取り付けなければ、マスクをしたままで走行しても息苦しさも感じないのでお勧めです。

なお、このヘルメットは、復刻盤とオリジナルがあり、オリジナルですとかなり高いんです。

耐久性は折り紙付きで、長期間利用しても中綿が損傷するというようなやわなヘルメットではありません。

どちらかというと、50㏄のスクーター側のほうが早期にばててくるのでは?と思いますのでお値段こそ張りますが購入するだけ損はしません。

 

なお、このヘルメット、なんで頑丈なの?という疑問についてはもともと兵隊さんのヘルメットだったものを民間人の方が作り替えたのです。

女の子やおじさん受けするようデザインしたものなのでかわいらしいデザインや渋いおじさんが好むものまで幅広くあり、売り切れも多いのですが、お勧めです。

ビーノヘルメット④リード工業 BARTON BC-10 ジェットヘルメット

  • リード工業
  • BARTON BC-10 ジェットヘルメット

リード工業のジェットヘルメットは、シンプルなデザインとカラーで構成されているヘルメットです。

そのため、同じようにシンプルなカラーと見た目であるビーノにも似合います。

 

また、使われているカラーも、ビーノと近いものが使われているのでバイクと合わせても相性が良いはずです。

そのデザインやカラーも4種類から選ぶことができるので、男女関係なく使用しやすいと思います。

 

このジェットヘルメットに、使われているシールドはデザイン性もある開閉式のバブルシールドです。

しっかりと顔をカバーができるだけでなく、クリアなシールドなので視界も見やすくなっています。

そうした見た目や性能も、手軽に乗るタイプの50㏄のビーノに合います。

そして、内装にはメッシュ素材が使用されています。

被り心地も悪くなく、ある程度の時間、ヘルメットを被り続けても蒸れにくいです。

 

それから、ヘルメット部分にはラチェット式バックルを使用しているので、着脱もしやすくなっています。

50㏄のビーノであれば、被りやすいヘルメットの方が乗る側にとっても扱いやすいです。

 

このヘルメットであれば、気軽に着脱できて扱いやいだけでなく、似合うという観点からもおすすめです。

ビーノヘルメット⑤ワイズギア SF-7 ZENITH Lea Winds

  • ワイズギア
  • SF-7 ZENITH Lea Winds

ヤマハのビーノが、50ccのスクーターであることを考えて、おすすめのヘルメットは、ヤマハのSF-7 ZENITH Lea Winds(以下、このヘルメット)である。

理由は、まず、ビーノと同じ、ヤマハが、出しているヘルメットである点。ジェットヘルメットで、半ヘルより安全である点。価格がお手軽、カラーが豊富な点である。

具体的に説明すると、まず、同じブランドが出している点。

これは、バイクのヘルメット入れに、このヘルメットが、確実に入る可能性が高いことを、表している。

 

まれにではあるが、バイク種類によっては、ブランド、ヘルメットの種類によっては、あれ、ギュウギュウとなることが時々あるのだ。

ヘルメットの大きさと、バイクのヘルメット入れの大きさには、ちょっと注意しよう。

 

次に、50ccは、半ヘルを被ることができるが、全くお勧めできない。

私が、120ccのバイクで、50キロで走っていた時である。

カナブンが、顔面にゴンと当たり、なかなか痛かった。

フルフェイスヘルメットでも、痛いのだから、顔を完全に守れない、半ヘルだと全く駄目だ。

ヘルメットを選ぶときは、安全性を考え、このヘルメットのように、ジェットヘルメット以上から、おすすめする。

 

最後に、価格とカラーリング。

ヘルメットは、消耗品である。

使っているうちに臭くもなれば、こけた後に使えなくなることもある。

買い替えることを考えれば、1万円くらいの価格は、うれしい。

 

カラーリングも重要である。

ビーノのような、カジュアルなスクーターに、乗りたい人はおしゃれにもこだわりたいはず。

その時、5種類のカラーがあるこのヘルメットは、選ぶ楽しさがある。

ビーノヘルメット⑥リード工業 RX-200R (フルフェイス)

  • リード工業(LEAD)
  • RX-200R(フルフェイス)

ヤマハのビーノと聞くと個人的に頭の中に出てくるのが、「ゆるキャン△」で志摩リンが乗っている原付です。

可愛らしくて、女性に人気がありそうな原付です。

その志摩リンがビーノに乗っている時に被っているヘルメットが「ジェットヘルメット」です。

 

しかし、ジェットヘルメットはおしゃれで可愛いものが多いのですが、「安全性は今ひとつ」です。

 

そのため、自分がヤマハのビーノに乗る時におすすめするヘルメットが、「リード工業(LEAD) のバイクヘルメット フルフェイス RX-200R オレンジ」です。

デザインはとてもシンプルになっており、オレンジ一色のヘルメットになっています。

 

オレンジ一色なので、ビーノの車体の色と組み合わせが少し難しいかもしれませんが、個人的にはビーノのベージュやブラック、ライトブルーが合うと感じています。

リード工業(LEAD) のバイクヘルメットフルフェイス RX-200R は、PSC、 SG規格を満たしていますし、フリーサイズなのでサイズを気にせず、着けることができます。

ヤマハのビーノを乗る時は、リード工業(LEAD) バイクヘルメット フルフェイス RX-200R オレンジが個人的にはおすすめです。

ビーノに似合うヘルメット5選まとめ

  1. スモールジョン スモールジェットヘルメットバブルシールドハッピーフラワーアイボリー
  2. ヒートグループ Brighton Traditional HELMET IVOLY WT-01IVO
  3. BUCO BUCO IVORY
  4. リード工業 BARTON BC-10 ジェットヘルメット
  5. ワイズギア SF-7 ZENITH Lea Winds
  6. リード工業(LEAD) RX-200R オレンジ(フルフェイス)

ビーノのおすすめヘルメットを実際の評判を元にまとめました。

ビーノは丸みを帯びた可愛らしい車体が特徴です。

車体の可愛いフォルムそのままに、スタイルもこだわれると良いですよね。

 

ヘルメットもファッションの一部です。

どうせ乗るならおしゃれに乗りたいですよね。

今回ご紹介したヘルメットや実際の評判が、ヘルメット選びの参考になれば幸いです。

正しいバイクの売り方を知らないと人生損します

・・・と言ったら
「何を大袈裟な・・」
と思う方もいるかもしれません。

けど、これは紛れもない事実です。

僕は正しい売り方を知らず、
学生時代に3台売却して
15万円以上損してきました。

15万あればマフラーを買うことも出来たでしょう。

本当に大きな後悔です。
正しい売り方を知らなかった代償です。

その後バイク屋に就職して、
査定士として査定に携わることで
正しいバイクの売り方を覚えました。

バイクを高く売れれば、
欲しいパーツを買えます。

マフラーを変えたり、
ヘルメットを新調したり出来ます。

バイクを高く売るためには
正しい売り方を知ることが不可欠です。

逆に正しい売り方を知らないと
昔のこたろーのように大きく損します。

学生時代に3台買い叩かれて
15万以上損しながらも
査定士としての経験を経て
今では査定交渉の秘訣をお伝え
出来るようにまでなった過程は以下からどうぞ。

こたろープロフィール
元バイク屋こたろーのプロフィールですバイク屋の店員として1,000台以上買取してきた実績がありますが、学生時代は正しいバイクの売り方を知らなくて損ばかりしてきました。そんな元バイク屋こたろーのプロフィールです。...