雑記

Vストローム250は不満?やめとけ?

Vストローム250不満

Vストローム250を検討しているんだけど、欠点や不満な点はあるのだろうか?

Vストローム250に乗ろうかなと思っている方にとっては、欠点や不満な点って気になりますよめ。

どのバイクでも良いところ・イマイチな点両方あります。

 

今回はVストローム250の欠点や不満な点についてまとめていきます。

これからVストローム250に乗ろうかなという方の参考になれば幸いです。

Vストローム250のここが不満

  • パワー不足
  • サイドスタンドがめり込む
  • 重くて取り回しが大変

Vストローム250不満①パワー不足

Vストローム250は24馬力です。

250ccでも40馬力出ているバイクがあることを考えると馬力自体は低いんですよね。

 

しかもVストローム250はデュアルパーパスというカテゴリーのバイクです。

デュアルパーパスはオンロードもオフロードも走れるのが特徴。

ツーリングに行くと砂利道や荒れた路面の上を走ることがありますよね?

路面状況が悪くても持ち前の走破性の高さで走り切る。

それがデュアルパーパスの強みです。

 

エンジンの味付けとしてはデュアルパーパスという性質上、やや低速寄りのエンジンです。

トルク型といった方が伝わりやすいでしょうか?

加速や登坂力は高いですが、最高速はそこまで速くないです。

24馬力というスペックもVストローム250らしさを物語っています。

高速道路を走れないような馬力ではないですが、追い越し車線は辛いですね。

100km/hより上の速度(本来ならダメですが)はなかなか出にくいです。

走行車線をまったり走るような感じが最も良いのではないでしょうか?

250ccのデュアルパーパスに乗りたいけど、少しでも馬力が高い方が良い!

という方はカワサキのヴェルシス250をおすすめします。

Vストローム250 24馬力
ヴェルシス250 33馬力

馬力が全てではないですが、同じ250ccのデュアルパーパスで馬力を求める方はカワサキのヴェルシスがおすすめです。

まったり走りたい方はVストローム250が良いですね。

Vストローム250はトルクが太く低回転から力強い加速をしてくれます。

走り出す瞬間や上り坂ではトルクが太い方が元気よく走ります。

Vストローム250不満②サイドスタンドがめり込む

Vストローム250では、荒れた路面やぬかるんだ場所に駐輪することがあるでしょう。

良い例がキャンプ場ですね。

キャンプ場に着いて駐輪しようとしたら舗装された場所がなく、砂利道の上に停めようとしたらサイドスタンドが食い込む。

サイドスタンドを掛ける場所が悪いとそのまま転倒することもあります。

 

サイドスタンドがめり込むのを防ぐにはどうしたら良いか?

答えはサイドスタンドの地面との設置面を増やすことでめり込みを防げます。

 

サイドスタンドにプレートを付けることで設置面が増えます。

設置面が増えれば荷重が分散されてめり込みにくくなります。

荒れた路面やぬかるんだ路面に駐輪することが多い人は是非お試しあれ。

 

六角ヘックスだけで取り付け出来るので、素人でも簡単に取り付け出来ます。

パーツ代は3,000円程。

サイドスタンドに取り付けする際は、バイクを倒してしまわないように気をつけてくださいね。

Vストローム250不満③重くて取り回しが大変

Vストローム250は車重が189kgと、250ccのバイクとしてはまずまず重たいです。

スクリーンやパニア、トップケースなどを取り付ける人も多く、実際の車重はもっと重くなるでしょう。

車重が増えるメリットとしては、走行中の安定感が増すことです。

ちょっと重いぐらいの方が強風の時に煽られにくかったりします。

 

反対に車重が重いデメリットはたくさんあります。

  • 取り回しが大変
  • 燃費が悪くなる
  • 加速が遅くなる
  • 減速も遅くなる

189kgがめちゃくちゃ重いという訳ではないですが、腕力に自信がない方、小柄な方は重たく感じる方もいるかもしれません。

Vストローム250 189kg
ヴェルシス250 175kg

同じ250ccのデュアルパーパスでも、カワサキのヴェルシス250の方が14kg程軽いです。

少しでも軽い方が良いという方はヴェルシス250をおすすめします。

Vストローム250が不満な方は売却するのもあり

Vストローム250買ってみたけど、ちょっと不満かなという方は、いっそのこと乗り換えてしまうのもおすすめです。

Vストローム250の売却ならバイク王が最もおすすめ。

  • 業界最大手の買取業者
  • 業者オークションと資本提携していて限界まで買取金額を高めれる
  • 拠点も多くすぐに査定に来てくれる

バイクを売るならバイク王

【まとめ】Vストローム250の不満

  • パワー不足
  • サイドスタンドがめり込む
  • 重くて取り回しが大変

Vストローム250は実際に乗っている方の不満も散見されます。

これらは僕がバイク屋で働いていた時もよく耳にしていました。

 

どんなバイクにも欠点の1つぐらいはあるものです。

それ以上の長所があれば全く問題ありません。

  • 値段
  • 足付き
  • トルクの太さ
  • パニアケースの装着

Vストローム250の良いところはたくさんあります。

欠点や不満点だけでなく長所も見て総合的に判断するのが良いですね。

正しいバイクの売り方を知らないと人生損します

・・・と言ったら
「何を大袈裟な・・」
と思う方もいるかもしれません。

けど、これは紛れもない事実です。

僕は正しい売り方を知らず、
学生時代に3台売却して
15万円以上損してきました。

15万あればマフラーを買うことも出来たでしょう。

本当に大きな後悔です。
正しい売り方を知らなかった代償です。

その後バイク屋に就職して、
査定士として査定に携わることで
正しいバイクの売り方を覚えました。

バイクを高く売れれば、
欲しいパーツを買えます。

マフラーを変えたり、
ヘルメットを新調したり出来ます。

バイクを高く売るためには
正しい売り方を知ることが不可欠です。

逆に正しい売り方を知らないと
昔のこたろーのように大きく損します。

学生時代に3台買い叩かれて
15万以上損しながらも
査定士としての経験を経て
今では査定交渉の秘訣をお伝え
出来るようにまでなった過程は以下からどうぞ。

こたろープロフィール
元バイク屋こたろーのプロフィールですバイク屋の店員として1,000台以上買取してきた実績がありますが、学生時代は正しいバイクの売り方を知らなくて損ばかりしてきました。そんな元バイク屋こたろーのプロフィールです。...