雑記

女性ライダーがかっこいい理由とは?

女性ライダーかっこいい

女性ライダーって憧れたりしますよね?

これは男女共有かもしれません。

 

黒髪をなびかせて颯爽と走る姿は憧れを持つ人が多いはずです。

今回は女性ライダーがかっこいい理由についてまとめていきます。

女性ライダーがかっこいい理由①

ギャップの差が好印象や魅力になっているのだと思います。

 

特に華奢な体なのに大型バイクを手足のように操って乗り回している女性は、力はそれほど強くなくとも技術でそれをカバーしているのが、見た瞬間に容易に想像がつくため、魅力的な女性に感じる男性は物凄く多いと思います。

 

また、固定観念になってしまいますが、女性はメカに弱いという思い込みも、ギャップによる魅力に繋がっていると思います。

バイクを乗る以上は、ある程度の突発的なトラブルに応急的にでも自分で対処する知識と能力が求められますが、女性ライダーはそれを苦にすることを意識せずバイクに乗っているという事が言えるため、その点においても新鮮な驚きと好印象を与える要因になっている思います。

 

また、フルフェイスのヘルメットを取ると、長い髪がファサ―っとなびく様子は、映画の1シーンになりそうな美しさを感じます。

女性ライダーでふとましい人は、正直見たことがないのですが、ひょっとするとバイクに乗ることで、自然と筋トレやエクササイズになっており、プロポーションが良い人が多いのかもしれません。

女性ライダーがかっこいい理由②

教習所で一緒に女性の方と自動二輪のコースを受講したり、知人の女性がライダーになって一緒にツーリングしたりした経験から言えば、女性ライダーがかっこよく見えるのは、絶対数が少ないからです。

一番は女性のもつ身体美、柔らかなスタイルが理由であると考えられます。

 

たとえばつなぎのライダースーツを着ても、どんなに素敵なレプリカモデルに乗って凄まじいライディングを披露したとしても、男性だと足が短く見えて野暮ったくなる人がいっぱいいます。

でも、女性だと多少運転技術はぎこちなくても、そのスリムなスタイルですごく似合って爽やかに見えます。

 

同じように足が絶対的に男性より細いので革パンも似合いますから、ネイキッドやアメリカンに乗っても綺麗に見えるのではないでしょうか。

全体的なフォルム、特に足が細いから女性ライダーはかっこいいのだと思います。

女性ライダーがかっこいい理由③

女性ライダーがかっこいいと感じるのはその見た目の良さもありますが、それ以上にあるのが女性ライダーの生き様です。

 

なぜなら女性ライダーの多くは男性に乗せてもらって移動するという考えが基本なく行きたい場所があったら自分で勝手に行くような女性だからです。

つまり、性格からしてかっこいいのでそこらへんの軟弱な男よりもかっこいいのはザラです。

女性ライダーは自分で生きていくという考えを持っている人も多く、男性がいなかったとしてもクヨクヨすることはないです。

 

自分にとって男性のパートナーがいることで自分も成長できると思えるなら男性が傍にいても良いと思うことはあっても今男性がいないことを悲観することはないです。

あくまで自分が主役だと思っているその生き様がかっこいいというのがあります。

女性ライダーがかっこいい理由④

女性は集団で何かをしたり、群れたりするのが大好きな生き物なので、趣味嗜好も女性特有のものに偏りがちになります。

ですが、バイクが趣味の女性ライダーは、周りに流されず自分を貫いてる印象が強いです。

 

バイクは自分1人で操作をし、危険なこともあると思います。強気な性格と同じくらい責任感があり腹が据わっていなければなりません。

先にも書いたように、群れるのが好きではなく、一人行動が好きだったり、一人時間を楽しむことができるけど、決して寂しそうには見えず、趣味を通じての出会いは男女問わず大事にしている人が多いように思います。

このような思考や生き方が、女性ライダーのかっこよさでありあ、魅力なのだと私は思います。

女性ライダーがかっこいい理由⑤

まず女性がバイクに乗れる時点でカッコいいと思います。

バイクは非常に重いですし、それにまたがりバランスを取るだけでもすごいと思います。

それを操り颯爽と乗りこなす姿はとても魅力的だと思います。

たまに一人で女性がバイクと一緒に旅をするのを見かけたりしますが、羨ましく思います。

誰にも邪魔をされず、風と一体化になって走っている姿は誰よりもカッコいいです。

 

私の若い時代はあまり見かけなかった女性ライダーを最近よく見る様になってとても羨ましい時代になりました。

バイクに乗りたい女性はどんどん増えてきている事が嬉しく思います。年配でマダムでも乗りこなしているのを見ると羨ましく思います。

私も諦めずいつかバイクに乗れたならと思います。

女性ライダーがかっこいい理由⑥

自分の周りに女性ライダーさんがいなかったこともあり、乗ってる方がいたら新鮮で,かっこいいなと思います。

子供の幼稚園の担任の先生が自己紹介の時に趣味は「バイクに乗ることです」と言っていてる驚いたことがありました。

普段のイメージする先生とかけ離れていたこともありギャップがかっこよく感じました。

風を切って走ると楽しいんだよ〜と子供に教えていて、こんな風に趣味について語れるっていいなと思いました。

 

男性が多いと感じるライダーですが、何をきっかけになるようになったのかも気になります。

きっとそこに至る経緯も含めて自分にはないものを経験してるのではないかなと想像して期待が高まりました。

あと、バイクってなんとなく危険もつきものな感じがするので、そこにとびこんでいく勇気もすごいなと思います。

女性ライダーがかっこいい理由⑦

バイクを乗りこなすに当たって、運転の技術はもちろんのこと、ときに危険と向き合うことになったり、周囲や自身を守るために的確な判断を迫られたりするものです。

女性ライダーはそのようなイメージから、しっかり、はっきりと自分の軸を持っており、自立していてカッコイイという印象を抱かれやすいのではないかと思います。

 

そして、バイクを運転する際は、常に一人で誰とも話をすることがありません。

誰かと群れるのではなく、自分自身と向き合い、「孤」の時間を楽しむ術を持っている人との捉え方もできます。

いつも友だちとつるんでいて、トイレにまで一緒に行く女性をカッコ悪いと内心思っている人も多く、そのような中、自律して自分の意思で行動できる女性は眩く写ります。

女性ライダーがかっこいい理由⑧

それは男性よりも体のパーツが女性の方が美しいからだと思います。

 

メリハリがありつなぎ姿が似合います。ライダースジャケットもなぜかファッションとして男性よりも似合います。

華奢な体が大きなバイクを操る姿に魅了されてしまうことがあります。

実際のところバイクは乗るところが低いので、脚が短くても届いてしまうので小柄な女性でも乗りこなせます。

バイクは力技に見えて実はコントロールが重要だと気づかされます。

非力でも乗りこなせる技術がバイクの魅力です。

 

アニメだとルパン三世の峰不二子がとても似合います。

ビンテージでボディラインが浮き彫りになるので美しく感じます。

男性が料理するのが素敵に見えるのと、女性がバイクに乗る姿がカッコいいのが似てる気がします。

女性ライダーがかっこいい理由⑨

女性ライダーは皆と一緒にいるよりも1人でツーリングをしたり遠出をするような印象があるため、誰かと一緒にいなくても1人の時間を楽しめる自立した女性という印象が強く、サバサバしたかっこいい女性だと感じるのだと思います。

 

また、バイクが好きで実際に普段から乗っている人は女性の中でも少数派なため、女性ライダーは芯が強くて自分のこだわりを持っているという印象も強く、意志の強さを感じるため同じ女性から見てもかっこよく憧れるのだと思います。

 

そして、普段からバイクに乗っていることで自然と体幹が鍛えられるため姿勢が良く、バイクに乗っていない時でも姿勢が良くスタイルも良い印象があるため内面も外見もかっこよく感じるのだと思います。

女性ライダーがかっこいい理由⑩

女性ライダーがかっこいいと感じる理由について、まず女性特有の体のラインの細さとバイクに跨った際のフィット感がとても美しくかっこいいです。

 

ライダーは自身の身を守るために肌をなるべく出さない服を着る必要があるため、ジーンズやレザージャケットなどを着用する方が多い印象を受けます。

そういった服を着ている女性とバイクの組み合わせが非常にかっこいいと思います。

 

また女性ライダーは髪が長い人が多いように思います。

バイクで颯爽と走るときになびく髪などは非常に美しく、女性ライダーのかっこよさを引き立たせていると思います。

 

最後に、バイクというのは乗るのに一定の技術や時間、お金を要します。

性別に関わった話ではありませんが、バイクに乗りたい、そのために免許を取得しお金をためてバイクを購入したい、自身の愛車を大切に整備したい、という思いを感じることができるので、女性ライダーは特にかっこいいと感じます。

女性ライダーがかっこいい理由まとめ

女性ライダーがかっこいい理由についてまとめました。

髪をなびかせて風を切る姿は男女問わず憧れますよね。

 

女性ライダーはまだまだ人口が少ないです。

女性がバイクに乗っているというだけでもめちゃくちゃ目立つ。

バイク屋で働いていてもこれは強く思います。

マジで女性のバイク乗りは少ない。

 

もっともっと女性のバイク乗りが増えると、バイク業界ももっと発展するのになと感じます。

正しいバイクの売り方を知らないと人生損します

・・・と言ったら
「何を大袈裟な・・」
と思う方もいるかもしれません。

けど、これは紛れもない事実です。

僕は正しい売り方を知らず、
学生時代に3台売却して
15万円以上損してきました。

15万あればマフラーを買うことも出来たでしょう。

本当に大きな後悔です。
正しい売り方を知らなかった代償です。

その後バイク屋に就職して、
査定士として査定に携わることで
正しいバイクの売り方を覚えました。

バイクを高く売れれば、
欲しいパーツを買えます。

マフラーを変えたり、
ヘルメットを新調したり出来ます。

バイクを高く売るためには
正しい売り方を知ることが不可欠です。

逆に正しい売り方を知らないと
昔のこたろーのように大きく損します。

学生時代に3台買い叩かれて
15万以上損しながらも
査定士としての経験を経て
今では査定交渉の秘訣をお伝え
出来るようにまでなった過程は以下からどうぞ。

こたろープロフィール
元バイク屋こたろーのプロフィールですバイク屋の店員として1,000台以上買取してきた実績がありますが、学生時代は正しいバイクの売り方を知らなくて損ばかりしてきました。そんな元バイク屋こたろーのプロフィールです。...